鹿沼市災害ボランティア、通算14日目

鹿沼市災害ボランティア、通算14日目 鹿沼市災害ボランティア、通算14日目 鹿沼市災害ボランティア、通算14日目
今日の作業は山あいにある築100年のお宅で床下の泥だし。
お宅の向かい側にある山が崩れ、そこから土砂が流れ込んだそうです。
庭の土砂は、ご近所の方が重機を使ってが取り除いたそうですが、自宅床下のことはボランティアに頼むのを遠慮されてたようです。
薄いところで3cm、厚いところは10cm程度の土砂が生乾きの状態で一面に。
社協の職員さんと20名ほどのボランティアが、床下で泥を土のう袋に詰める、中継して外に出す、出された土のうを一輪車に積んで移動する者など、連携プレーが冴えて、数日かかるかもしれないと思われた作業を予定より早く1日で終えることができました。
参加されたみなさん、お疲れさまでした。
明日もう1日、鹿沼市で活動し、あさっては茨城県常総市で活動してから帰ります。

コメントを残す