屋根パト

屋根パト 屋根パト 屋根パト
今日は、大田市災害ボランティアセンターで屋根パトに参加。
島根県西部地震からちょうど2ヶ月。
屋根にブルーシートを張ったお宅の訪問活動です。
屋根の状況確認より、2ヶ月たった今の困りごとがないか、元気に過ごせているか等、日常の困りごとも含めて伺い、必要に応じて必要な支援につなげるための訪問活動です。
民生委員、社会福祉士、ケアマネージャー、社協職員、大学生、50人もの高校生、ボランティア、炊き出しの方を含めると総勢200名での活動となりました。
3~4名のグループにわかれ、午前中に訪問活動。
炊き出しをいただいたあとは、3グループが集まり、それぞれが気になったことや感じたこと、ほっこりしたこと等をシェアしました。
そして全体でさらにシェア。

地元の方は遠くから来てくれたボランティアとのつながりをスゴイと感じ、遠くから来たボランティアは高校生50人を含めてものすごくたくさんの地元の方が来たことに感心しました。
やはり最後は地元の方が中心になって、被災された方の困りごとに対応していくことが大切ですから。
参加されたみなさん、お疲れさまでした。

コメントを残す