宮津市災害支援活動

宮津市災害支援活動 宮津市災害支援活動宮津市災害支援活動
宮津市災害支援活動 宮津市災害支援活動
平成30年7月豪雨、災害支援。
福知山災害ボランティアセンターが昨日今日とボランティア募集しないため、初めての宮津市へ。
宮津市は京阪神から遠いためか、なかなかボランティアが集まらず、平日は1ケタだった日もあると聞きました。
今日は連休中ということもあり、いくつかの団体も活動され、かなりの人数になったと思います。

私は4人の方と一緒に、側溝の土出し作業。
以前作って、使う機会のなかった土のう自立支援シートが今回は役に立ちました。
活動場所の向かいのお宅では、若いご夫婦が庭に入った土を2人で集めて土のう袋へ詰めていらしたので、自立支援シートを1つ貸し出しました。
結局、ニーズ票にあった土出しが早めに終わり、ボランティアセンターに了解を得た上で、向がいのお宅の土出しもお手伝い。
その作業を終えた時点でお昼となりました。

午後は、他の活動場所の応援で入りました。
町中の側溝が土で埋まり、流れがかなり悪くなっています。
こちらはびっしょりと濡れた土を土のうへ入れる作業でしたが、ここでも自立支援シートが活躍。
現場に案内してくださったボランティアセンタースタッフの方には「初めて見た!便利やなぁ~」と感心されました。
と言っても、私は以前からあったものをまねて作っただけなので、最初に考えた人は素晴らしいです。
あまりに感心されるので、1つ差し上げ、今後広めていただくことにしました。
土のう袋を自立させる方法としては、プラダンを使ったこの方法、土のう袋の幅の3倍くらいの長さのプラスチックシートを丸めて入れる方法、バケツやペール缶の底を抜いて使う方法などありますが、プラダンは軽くてかさばらないのが利点です。
作り方のページをリンクしておきます。
https://goo.gl/q7rMiP

コメントを残す