大阪府北部地震 支援活動2日目

大阪府北部地震 支援活動2日目 大阪府北部地震 支援活動2日目 大阪府北部地震 支援活動2日目
大阪府北部地震 支援活動2日目 大阪府北部地震 支援活動2日目
昨日に続いて支援活動。
朝のミーティングを終え、昨日シートを仮固定したお宅へ伺い、しっかりと本固定。
その作業が終わると、すぐ隣のお宅へ。
こちらのお宅は棟瓦が大きくずれ、それに伴い他の瓦も全体がずれてしまっています。
今回は地元の工務店さんと一緒に活動しました。
「屋根を修理してほしい」と工務店さんに多くの方が依頼されています。
でも一軒一軒ちゃんと補修していると時間がたってしまうため、工務店さん応急措置としてブルーシートを張って回っているのが現状。
地震の被災地各地でブルーシートを張ってきたボランティアが、屋根への負担が少なく、風でバタついたりしないよう、しかも長持ちするように、どのように張るのか、学びに来られたのでした。
屋根で活動できるボランティアの人数も限られる中、工務店など高所作業に慣れている方々が作業していただけるのは、被害を受けられた方たちにとってもありがたい話。
高額な料金を請求する悪徳業者が出回ることのないよう、地元の信頼できる業者の力が今こそ必要です。

活動を終えてボランティアセンターへ戻ると、NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)の大学生たちが、かけ声をかけながら土のうを作ってくれていました。
たくさんの土のうを作ってくれているからこそ、ブルーシート張りの作業もスムーズに行えます。
ありがとう。
その他にも、屋内の片づけもありますし、ブルーシート張りも屋根に上がらず下でやる作業もあります。
お時間のある方は、ぜひボランティアに参加していただければと思います。

コメントを残す