南予災害支援

南予災害支援、1日目 南予災害支援、1日目 南予災害支援
南予災害支援 南予災害支援 南予災害支援
平成30年7月豪雨の災害支援で愛媛県西予市へ。
今日の現場は隣の宇和島市で、1軒目は床板はがし。
床下には数cm泥がたまっていますが、泥出しすることなく、消石灰がまかれた状態。
「家のためにも、住む人の健康のためにも、泥を出した方が良い。」というコーディネーターのアドバイスを受け入れていただき、後日ボランティアが泥出しできるよう、床板をはがして潜り込むスペースを作る作業です。
戦後すぐに張ったという床板は、釘もすっかり錆びていました。
抜けないものもありましたが、はがした床板は再利用できるよう、一緒に行った災害ボランティア初めての大学生と一緒にバールを使って丁寧にはがしていきます。

2軒目は床下泥出し。
発災から1ヶ月以上たっているにもかかわらず、家の裏側から流れ込んだ泥は、たっぷりと水分を含んだ状態で深さ10cm以上、臭いもしていました。
作業を始める前に、まずは養生。
泥出しが終われば、家主さんが元の暮らしを続けていくお家。
泥でお家を汚さないように、ボランティアが歩いても傷つけないように、ブルーシート等を使って覆っておきます。
養生してあっても、敷居や窓枠などを踏まないように気をつけることも忘れずに。
作業は、床下に潜って泥をバケツに入れる人、バケツを外に運び出す人、運び出された泥を土のうに詰める人、と連携して進めていきます。
途中から応援メンバーが増えたこともあり、予定していた部屋の泥出しは終了。
残りの部屋は後日の作業となりました。

広島県や岡山県に比べると、報道されることの少ない愛媛県ですが、住宅だけでも、全壊598棟、半壊2,958棟、一部損壊488棟、床上浸水898棟、床下浸水1,972棟と大きな被害を受けています。
(愛媛県災害対策本部8.24発表 https://goo.gl/vxYs2M)
みなさんの手がまだまだ必要です。
時間のある方は、広島県や岡山県も含め、お近くの、あるいは何か縁のあるところへボランティアに行っていただければと思います。
ボランティア活動には、いろんな活動があります、力仕事ばかりじゃありませんので。
詳しくは、全国社会福祉協議会の災害ボランティア情報のページをご覧下さい。
https://goo.gl/DYG7Ui

コメントを残す