九州北部豪雨災害支援、通算7日目

九州北部豪雨災害支援、通算7日目 九州北部豪雨災害支援、通算7日目
九州北部豪雨災害支援、5日目。
1日目に台風対策の土のう積みさせていただいたお宅に伺い、泥出しのほぼ済んだ床下のブラッシング作業。
床下床上浸水したお宅の作業は、泥出し→根太や束のブラッシング→乾燥→消毒という流れで進みます。
4人での活動でしたが、全ての部屋を仕上げることはできませんでした。
今日以降活動されるみなさん、よろしくお願いします。
活動した場所は、復旧作業の工事車両と災害支援活動の車以外は通行止めのエリアでした。
出入口となるところには警備員の方がいるんですが、明らかに見物に来たと思われる車が次々とUターンさせれらていました。
「見てみたい」という気持ちがわからないでもないですが、被災された方のことを思うと「やっぱりそれはアカンやろ!」と思います。
活動後、発災当初からコーディネートされている方から「〇〇地区で活動した?」と聞かれました。
そこは被害の最も大きかった地区の1つですが、私はそこでは活動していません。
「活動するために行くことはもちろん必要だけど、ボランティアに来たからと言って、わざわざ見に行くというのは違いますよね。」という話になりました。

今日の活動でいったん帰路に就きました。
その途中、広島県の福山SAで若者2人のヒッチハイカーを乗せました。
2人1組かと思ったら、たまたた同じSAに居合わせた2人。
1人は大阪へ帰る途中、もう1人は友達に会うために東京へ向かう途中ということ。
楽しく話ながら、兵庫県の三木SAまで約2時間、最後にSAでお茶して別れました。
おかげで眠くもならず、無事帰宅。
九州北部豪雨の被災状況にも関心持ってくれたので、そのうちボランティア行ってくれるかな・・・。

コメントを残す