ブルーシート張り講習会

ブルーシート張り講習会 ブルーシート張り講習会 ブルーシート張り講習会
日中の支援活動には参加しませんでしたが、近くまで行く用があったので、「長持ちするブルーシート張り講習会」に参加。
西日本の広い範囲で豪雨災害が起きた今、災害支援のエキスパートたちは豪雨災害の被災地へ向かおうとしています。
そんな中で開催された講習会は、大阪地元の業者さんや一般の方がブルーシートを張ることができるようにとの思いがつまっており、そういうみなさんの参加も多かったようです。

知っている内容もありましたが、やっぱり大切なのは安全確保。
屋根上での作業時間を減らす、安全帯などを使うなど、決して事故を起こさない装備と準備、作業が必要です。
そして何よりも、ブルーシートを張るのは目的ではなく、被災された方が生活再建に向かっていけるよう寄り添うための手段であるということ。
「ブルーシートを張ってほしい」とたくさんの要望が寄せられている状況では、1軒でも多く張ってあげたい気持ちになりますが、被災された方のペースに合わせて、時にはゆっくり話を聞いたり、お茶を飲んだりすることの方が大切だったりします。

ただ今回、西日本に広く豪雨災害が起き、私の住む近隣の自治体でも災害ボランティア募集が始まりました。
私もまずはそちらへ向かいます。

コメントを残す