屋根パト

屋根パト 屋根パト 屋根パト
今日は、大田市災害ボランティアセンターで屋根パトに参加。
島根県西部地震からちょうど2ヶ月。
屋根にブルーシートを張ったお宅の訪問活動です。
屋根の状況確認より、2ヶ月たった今の困りごとがないか、元気に過ごせているか等、日常の困りごとも含めて伺い、必要に応じて必要な支援につなげるための訪問活動です。
民生委員、社会福祉士、ケアマネージャー、社協職員、大学生、50人もの高校生、ボランティア、炊き出しの方を含めると総勢200名での活動となりました。
3~4名のグループにわかれ、午前中に訪問活動。
炊き出しをいただいたあとは、3グループが集まり、それぞれが気になったことや感じたこと、ほっこりしたこと等をシェアしました。
そして全体でさらにシェア。

地元の方は遠くから来てくれたボランティアとのつながりをスゴイと感じ、遠くから来たボランティアは高校生50人を含めてものすごくたくさんの地元の方が来たことに感心しました。
やはり最後は地元の方が中心になって、被災された方の困りごとに対応していくことが大切ですから。
参加されたみなさん、お疲れさまでした。

防犯防災総合展

防犯防災総合展 防犯防災総合展 防犯防災総合展
今年もきました、防犯防災総合展。
様々なハード・ソフトが展示される一大イベントです。
今回気になったのは、女性が避難所で暮らす際に必要となる下着。
着替えられないというのは、それだけでストレスになりますよね。
避難所に、赤ちゃん用や介護用の紙おむつは届きますが、女性用の下着は届きにくいという話も聞きます。
写真の下着は、縫い目のないシームレス下着。
一般的な非常時の下着は不織布製で使い捨てのものが多いですが、こちらは普段使いもでき、スポーツインタナーのように全体にフィットするため、多少はサイズにも融通が利きます。
一流メーカーの下着として既に販売されているものを、今回初めて災害支援物資として提案されていました。
しかも、すぐお隣り西脇市が本社の会社です。

ひめじアーティストフェスティバル

ひめじアーティストフェスティバル ひめじアーティストフェスティバル ひめじアーティストフェスティバル
ひめじアーティストフェスティバル、終わりました。
スタッフのみなさん、お世話になりました。
出展されたみなさん、お疲れさまでした。
今日も木馬には子どもたちが、将棋ベンチにはいろんな方が!
中には、缶チュウハイ片手に真剣勝負される方も。
結果は、コーヒー飲んでた方の勝ち。
やっぱりアルコール飲んでると、真剣勝負にはならないのかな…。

ひめじアーティストフェスティバル初日

ひめじアーティストフェスティバル ひめじアーティストフェスティバル ひめじアーティストフェスティバル
ひめじアーティストフェスティバル1日目、お天気にも恵まれ、無事終わりました。
たくさんの子どもたちが木馬に乗ってくれ、将棋ベンチでは真剣勝負も繰り広げられました。
明日は9~16時、姫路城北側のシロトピア公園で、みなさんのお越しをお待ちしてます!
https://www.himeji-art-fes.com

ひめじアーティストフェスティバル前日搬入

ひめじアーティストフェスティバル前日搬入
明日あさっては、ひめじアーティストフェスティバルに出展。
蒸し暑い中、前日搬入が無事終わりました。
今夜から明け方までは雨の予報ですが、それ以降は天候も回復し、気温も下がるようです。

島根県西部地震 災害支援活動

島根県西部地震 災害支援活動 島根県西部地震 災害支援活動 島根県西部地震 災害支援活動
島根県西部地震 災害支援活動
島根県西部地震、大田市での災害支援活動。
機能に引き続き、ブルーシートの張り替え作業でした。
地震発生から1ヶ月がたち、発災直後に家族や知人で応急措置として張ったブルーシートが雨風でめくれあがるなど、張り替えニーズがい増えてるようです。
風光明媚な島根、ゆっくりと観光でも行ってみたくなりました。

島根県西部地震 災害支援活動

島根県西部地震 災害支援活動
島根県西部地震から今日でちょうど1ヶ月。
屋根のブルーシート張りを中心に、ニーズはまだ残っています。
14日以降は、金・土を中心の活動に移行するそうです。
ただし、ブルーシート張りは天気予報と関係団体との調整で随時活動の方向。
詳しくは、大田市災害ボランティアセンターのFacebookページで。
https://facebook.com/ohdavc/

ひめじアーティストフェスティバル

ひめじアーティストフェスティバル
今年も出展します。
木工だけでなく、陶芸・ガラス・皮革など、様々な作家が140名ほど出展するので、お気に入りの一品を探しにお越し下さい。

養父市を散策

養父市を散策 養父市を散策 養父市を散策 養父市を散策
GW期間中に予定のない今日、養父市へ行ってきました。
スキーに行ったことはあっても、暖かい季節にじっくり見て回ったことのなかった所です。
難読市として名高い(?)養父市(やぶし)。
それを逆手にとって、何を始めるか読めないまちとして「なにかと読めないまち」を前面に押し出してPRしているそうです。
今日は、田植え間近の棚田、カツラの巨木、自生するミズバショウなどを見て回りました。
近くでも、まだまだ知らない、まだまだ行ったことのない魅力がたくさんありますね。

WOOD WORKER’S CRAFT 2日目

WOOD WORKER'S CRAFT 2日目 WOOD WORKER'S CRAFT 2日目 WOOD WORKER'S CRAFT 2日目
WOOD WORKER’S CRAFT、無事終了しました。
将棋盤を埋め込んであるベンチでは、大人vs子どもの真剣勝負も繰り広げられました。
数年前、座っ展のために製作したこのベンチ、ブームは今年でした!
5/19(土)・20(日)に出展するひめじアーティストフェスティバルにも持って行こう!