いつもここから

はぎ合わせ
家具づくりのスタートは、ほぼいつもここから。
幅広の板が必要となれば、何枚かの板を接着するはぎ合わせが必要になります。
今回も幅40cm×長さ50cmほどの板が2枚、幅45cm×長さ70cmほどの板が1枚必要なため、はぎ合わせからスタートしています。
「最初から幅の広い板を売ってればいいのに」と思われるかもしれませんが、幅広の板は保管しているうちに湿度や温度の影響を受けて反りやすいため、こうやって毎回必要な時に幅15cm前後の板をはぎ合わせて幅広の板にする作業をしています。

コメントを残す