伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム

伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム 伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム
今夜は『伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム』に参加。
中間支援組織がNPOと一緒になって支援プロジェクトを実践した結果報告です。
その前に、NPOのマーケティングに関する講演。
NPO活動では、ついつい自分たちが何をどれだけがんばったかという結果ばかりの報告になりがちだが、大切なのはその結果によりどんな変化が起こったかという成果が大切。
そのためには、活動前にゴールとなる成果をハッキリと設定すること、そして誰に対して行うのか相手を絞り込み、同様の活動をしている他団体に比べてどんな独自性・優位性を持っているかを伝えることができなければ、相手には響かない。
やってみて、成果がどのくらい達成できたか、あるいはできなかったかを測定して次につなげることも大切。
そんなお話しでした。
実践報告の中では、日本クリニクラウン協会のガチャガチャ募金が面白かった。
その活動は、小児病棟にクリニクラウン(臨床道化師)を派遣し、ワクワク・ドキドキの子ども時間を届ける。
その活動と同じく、ワクワク・ドキドキするガチャガチャ募金の実践報告。
500円(寄付)でガチャガチャを回すと、道化師になるための赤鼻の入ったカプセルが出てくる仕組み。
カプセルから赤鼻を取り出せば、その場で付けてみたくなるし、そうすればスタッフと寄付者の間に会話も生まれる。
とても素敵な取り組みだなぁ~と思いました。
https://www.facebook.com/CliniClownsJapan/

コメントを残す