Archive for 手話と聾者のはなし

手話言語条例

前回、兵庫県小野市で『意思疎通手段利用促進条例』が施行されたことを書きました。
手話・筆談・口話(唇の動きを読み取る)、視覚障害なら点字・音訳・代筆・代読など、それぞれの人に合わせてコミュニケーションの手段を提供しようとする条例です。

そしてもう一つ。
「手話は、それ自体が独自の文法を持つ言語」として、ここ数年各地で制定されているのが手話言語条例。
全日本ろうあ連盟主導の下、聾者のみなさんが中心となって尽力され、制定されました。
ただ気になることがあるんです。
「日本手話は、それ自体が独自の文法を持つ言語」だと私は思ってます。
日本手話とわざわざ書いたのは、日本では日本手話と日本語対応手話の2つがあるからです。
どちらもコミュニケーションの手段として必要としている人たちがいます。
日本手話は、主に生まれつき聞こえない聾者が使うコミュニケーションの手段で、手の動きだけではなく、眉の上がり下がり・あごをひく・口の形・動きの大小などに意味があり、それが文法となっています。
それに対して日本語対応手話は、ざっくり言うと、日本語を話しながら単語を手話で表して並べていくというコミュニケーション手段で、手話と区別して「手指日本語」と呼ぶ人もいます。
つまり、文法は日本語です。

そもそも言語って何なのか?
それ自体が独自の文法を持つということだと思います。
であれば、手話言語条例が対象とすべきは日本手話であって、日本語対応手話は含まれないはず。
コミュニケーションの手段として、日本語対応手話も必要であることはその通りで、もちろん尊重します。
でも、日本語とは異なる独自の文法を持った言語ではないと思います。
にもかかわらず、手話言語条例では日本手話も日本語対応手話も含めて対象とされいます。
少なくとも篠山市の手話言語条例にパブリックコメントした際は「手話は1つと考えている」という回答でした。
「本当にそれでいいの?」
どっちでも良いってことは、日本語対応手話を学ぶ人ばかりが増えても良いってことになりますよ。
それに、言語ということは、福祉の課題ではなく、英語と同じように教育の課題になるってことですよね。
しかし、どこも教育委員会の課題としては捉えてないみたいです。
篠山市の手話言語条例にパブリックコメントした際は「学習指導要領に載ってない」という回答でした。
手話通訳もまだまだ福祉の領域。
手話通訳は同時通訳なので、英語の同時通訳並みの報酬と対応にしていくことも、「手話は言語」を推し進めるために必要なはず。
英語の同時通訳なら、随行や講演会など場面によって違いますが、時給10,000円はするんじゃないでしょうか。
手話通訳も職業として確立し、人数を増やしていくことを考えるなら、そういう処遇の改善も必要だし、通訳を頼む側の意識も変えていく必要があると思います。
そうしなければ、手話通訳が育つ環境はできないんじゃないでしょうか。
手話が言語なら、通訳はボランティアではなく職業になっていかなければなりません。
それともう一つ。
みなさん、「聞こえない人の多くが手話でコミュニケーションを取ってる。」と思っていませんか?
少し古いデータですが、厚生労働省が行った平成8年の調査では、身体障害者手帳を持つ聴覚障害者のうち、「手話ができる」と答えた人はわずかに14.1%、残りの人は筆談や口話などの方法でコミュニケーションを取っていることになります。
20年たった今、多少割合に変化はあるかもしれませんが、手話のできない聴覚障害者が圧倒的に多いということは変わってないと聞いています。
そういう状況で手話言語条例が制定されると、手話ばかりに注視するあまり、聴覚障害者への支援や福祉施策が偏ってしまわないかと危惧しています。
「イベントや講演で手話通訳は用意されても、要約筆記は用意されない。」そんな状況が起きてしまいそうです。

まず必要なのは、「手話言語条例」ではなく、小野市のような『意思疎通手段利用促進条例』だと思います。
そして次に、英語と同じように、福祉ではなく教育として日本手話をどうしていくのかを考えていくものだと思います。

月曜男

月曜男 月曜男
聾者の間では有名人、手話漫談の月曜男さんが篠山にやってきました。
なぜ月曜男と呼ばれるのか?
それは彼が理容師で、定休日の月曜日に全国をまわるから。
いつからかFacebookでつながっていて、実際にお目にかかったのは昨年の1月、共通の友人の結婚披露宴でした。
それ以来の再会、まさか篠山にやってくるとは・・・。
ネタは、聾者誰もが経験するあるある話や、聾者か聴者かに関わらず誰もが経験する話、そして聾者と健聴者の文化の違いを扱う話など。
誰もが共感できる、あるいは聾者と聴者がそれぞれの違いを知り、お互いを理解するための話を面白おかしく聞かせてくれます。
例えば、「3月中」という表現。
聴者は3/31までと解釈するが、聾者には3月中頃と解釈する人が多い。
「9月まで」と表現されれば、聾者は9/30と解釈するが、聴者は文脈によっては8/30だったり、9/30だったりする。
そんな違いがコミュニケーションのズレを生んでしまうことも。
互いを理解するって大切ですね。
月曜男さん、はるばるお越しいただき、ありがとうございました。

久しぶりのデフバレー手伝い

久しぶりのデフバレー手伝い
午後から打合せ2つを終え、久しぶりに聴覚障害者バレーボールの練習手伝い。
思ったほど寒くないけど、ケガのないようしっかりストレッチ。
バレーの手伝いも2007年春からだから、9年目も後半。
時がたつのは早いですね。
運動不足解消にも一役買うし、これからもボチボチと手伝っていきたいと思います。

聾学校で和太鼓練習

聾学校で和太鼓練習
聴覚障害者バレーボールのお手伝いに行ってきました。
毎年この季節、聾学校の体育館で生徒たちの和太鼓練習に遭遇します。
「聞こえないのに太鼓演奏?」と思われるかも知れませんが、個人個人聴力には差があるし、太鼓は大きく響くので、聞こえなくても楽しめるんだろうなと思ってます。
太鼓に限らず、音楽好きな人もたくさん。
音量を大きくしたヘッドホンを付け、歌詞カードを片手に好きなアーティストの曲を楽しむ人もいれば、カラオケ好きな人もいる。
聞こえる、聞こえにくい、聞こえないに関わらず、音楽を楽しむ気持ちは同じようです。

聴覚障害者バレーボールのお手伝い

デフバレーお手伝い
久しぶりに聴覚障害者バレーボールのお手伝い。
ふと「今、何年目?」って思い数えてみると、すでに9年目に入ってました。
早いものです。
元々、バレーボール好きの素人である私。
自分がやる場所を求めて出会ったサークルに、聴覚障害者の人が何人か参加していて、そのうちの1人が「誰か私たちのチームを手伝ってくれませんか?」と手伝いを募集したのに手をあげました。
さらにさかのぼること半年。
サークルのメンバーがバーベキューをしに我が家にやってきた際、聴覚障害者の女子がたった1人参加。
どうしても聞こえる者だけで笑ってる瞬間があって、「手話ができたら、彼女ももう少し楽しんでもらえたかも?」と思い、翌日さっそく手話の本を買った。
でも実際に使う機会がなければ、上達するはずもなく、「どうしたものかなぁ~??」と思っていた時に、手伝い募集の話があって、行ってみることにしたんです。
そしたら、これが楽しくて!
聴覚障害のみんなって、表情がものすごく豊か。
その笑顔にはまってしまったんですよね。
それをきっかけに、他の障害者スポーツにも出会ったし。
視野が大きく広がった出会いでした。

結婚披露パーティー

結婚披露パーティ 結婚披露パーティ
今日は大切な友人の結婚披露パーティー。
新郎新婦ともデフバレー、つまり聴覚障害者バレーボールの選手。
新婦の所属チームを手伝い始めたのが2007年1月頃だから、もうすぐ8年半になります。
大きなケガを乗り越え、今もなおバレーボールを続けている新婦。
そのチームを手伝いに来たことで出会った新郎は、今や デフバレー日本代表候補選手に。
友人や仲間のために開かれたこのパーティは、2人の人柄を表すかのように楽しく和やかで、
3時間半の時間はあっという間に過ぎていきました。
私もちょっとだけお手伝い、ウェルカムボードとともに置かれた2人のイニシャルを作らせてもらいました。
このパーティーに関わることができて、すごく嬉しいです。
末永くお幸せに!

久しぶりのデフバレーお手伝い

久しぶりのデフバレーお手伝い
今夜は久しぶりにデフバレーのお手伝い。
『デフ(Deaf)= 耳の聞こえない』
つまり、聴覚障害者のバレーボール。
ルールは一般のバレーボールと全く同じ、ただ選手が聴覚に障害を持ってるだけ。
2007年から手伝い始めてるから、もう9年目に突入しました。
私自身はバレーの部活経験はなく、単なる下手の横好きで、最初は自分が楽しむ場所を求めてたけど、彼女たちと出会ってからは手伝う方が楽しくなって、今に至ってます。
聞こえない人って表情豊かなんですよね。
その笑顔にはまったと言っても過言じゃありません。
実際は、表情も手話の一部なので、その豊かさは、彼女たちにとって言葉を伝える重要な役割を持ってるんだけどね。
今シーズンもできる範囲でお手伝いできればと思ってます。
5/24今度の日曜日には、近畿ろうあ者体育大会があります。
お時間のある方、興味のある方は、ぜひ会場へ。
一緒に応援しましょう!
会場 奈良県桜井市芝運動公園 総合体育館
時間 9:30~開会式、10:15~第一試合

聞こえない

聞こえない友人がFacebookに投稿した内容、本人からコピペの許可を得たので投稿します。
長文ですが、全ての聞こえる人に読んでもらいたい。
ーーーーーここから—–
いろいろあって疲れました。もうグッタリ。
あ、ただの愚痴です。
感動するイイ話とか癒される画像とかおもろいオチとかないです。
気に入らん人は読まないでください。
あと「それでも頑張るしかないよ」とか「前向きに頑張って」とか「周りのみんなに感謝」的な返信も今はいらないです。
Facebook向きじゃない内容なのは分かってるけどとりあえず吐き出したいの。ただそれだけ。
聞こえる人に、「聞こえない人が聞こえる人ばかりの中で、口を読み続けてコミュニケーションを取るしかない状態」の苦痛を理解してもらうって、どうすればいいんだろうね。
想像することはできるだろうけど、多分それって全然想像できてないし全然分かってないのよ。
だから平気で口の読み取りを要求して、「分からなかったら書いてって言ってね」とか平気で言ってしゃべりまくって、しかもそれが気遣いだと思ってたりするの。
聞こえない人と日常的に接してる聴者でも、そのあたり、本当に分かってる人ってあまりいなかったりする。
初めての相手と大事な話をする時に私が「筆談でお願いします」と言ってるのに、横から「ある程度は口の動き読んで分かるんで」とか言ってくれたりするともう、殴り飛ばしたくなるの。
口の読み取りって、聴者にとっては一番楽かもしれんけど、聞こえない私にとっては最低最悪の、最後の手段。手話とか筆談とか、そういうのができない状況の時だけ止むを得ず選択する手段なの。
筆談できる環境で、私が筆談を頼んでる時に、わざわざ横から「口読めますから」なんて、余計なこと言ってくれるなこのアホとしか言いようがない。
だいたい「口が読める」なんて簡単に言ってくれるけどね、読めるわけねーだろんなもん!!!って言いたい。
てか読めるわけないだろ、そもそも。エスパーじゃないんだから。
それでも、口の動きしか頼りになるものがないから、それに頼るしかないだけで。
「口読めるから大丈夫でしょ」って言われるのは、溺れる者が藁をつかんで奇跡的に生還したからって、「この人は救命胴衣なくても藁があれば大丈夫だから」とか言われるくらいの無茶ぶりなんだって。
毎日毎日、聞こえる人いわく「大した話じゃない」会話を読み取るためにめちゃくちゃ神経尖らせて無理難題と向き合ってるんだって。
「分からなかったら言って」って、それだと四六時中「分かりません」って言うしかないんだって。
分からないのがデフォなんだって。
常に「分からない」状態で、
「誰が今話してるのか話してないのかすら分からん」
「話してるのは分かるけど何言ってるのかさっぱり分からん」
「なんとなくこういう話をしてるんだろうという想像はつくけど実際何言ってるのかはさっぱり分からん」
「話の流れ的にこういう事を言いたいのだろうけど言ってることは分からん」
「◯◯って言葉が出てきたみたいだからとりあえず繰り返してみたら頷いてるので合ってるっぽい。でもその◯◯がどうしたのかはさっぱり分からん」
「言ってることは分からんけど多分こういうことだろうと推測して聞き返したら頷いてるから多分合ってるんだろう」
「なんとなくこういう話してるのは分かったけど結論どうなったのかは分からん」
みたいな感じで。常に「分からない」の幅の中でレベル上下してるだけ。
頭フル回転させて話の前後とか口の動きとか読み取って想像力を小説家並みに発揮してようやくこれ。
聞こえる人が会話するみたいに、スカッと「分かる」ことなんてあり得ないんですよ。
で、この状態でも「書いて」って言ったらまだなんとかゆっくり話そうとするでしょ。
もう手は尽くしたの。これ以上どう頑張っても無理だから書いてって言ってるの。
で、ようやく書いてくれて分かったら、次またしゃべってくるでしょ。そしたらまた最初からやり直しなの。
この状態のしんどさを、どうやったら聴者に体感してもらえるんだろう。
こっちが一切声も筆談もなしで、手話だけで話したら?
手話の分からない聴者なら、似たような状態にはなるかもしれないけど、それも違う。全然違う。
だってあくまでも「一時的」なのが分かってるもの。終わったら普通にコミュニケーションに困らない生活に戻れるんだもの。
聞こえない人は、「もう無理、ごめん終わりにして」と言ったって聞こえるようにはならんし、周りが手話できるようにもならん。
しかも、手話はなんとか頑張って読み取って一度覚えれば、次からら同じ手話がでてきたらわかる。だんだん読み取れるようになっていく。
でも、口の読み取りは、いくら頑張って読み取っても、次の瞬間にはまたゼロからスタート。どんなに頑張っても、次に同じ言葉が出てきたってヒントにならない。
聞こえない側が、こんな不毛な努力を毎日毎日、人に話しかけられるたびに繰り返してるのに、筆談頼んだら「時間がかかるから」「しんどい」「筆談じゃ話ができない」、じゃあ手話覚えてと言ったら「難しい」「時間がない」「いずれ」、手話通訳を連れて行っても「他の人の迷惑になる」
…何じゃそりゃとしか言いようがない。
だったらこっちがしてるのと同じだけの努力をしてみろよと言いたい。
私が毎日あなたの口を読み取るためににしてるの同じだけの努力をあなたがすれば、手話なんか数ヶ月で日常会話くらいできるようになるだろ、と思う。
結局、聞こえることが当たり前の社会の中で、聞こえない人は圧倒的に少数派。
聞こえる人が1日のうちに会う人のほとんどは聞こえる人で、もしかすると聞こえない人には一度も会うことがないまま一生終える人もいるのかもしれん。
でも、聞こえない人にとって、毎日毎日、会う人のほとんどは聞こえる人。
ほとんどの人とコミュニケーションが取れない状態で生活するのがどれだけストレスになるか。
それでも社会は、少数派の側にばかり、当たり前のように努力を求める。
結局、聞こえる人が声、聞こえない人が手話と、お互いに自分の楽な方法を押し通したらコミュニケーションが成立しないわけで。
だから、お互いにとって負担(聞こえる人だけが負担なわけじゃない)なのを承知な上で「筆談」という代替手段を提案してるのに、それすら拒否されるとか恩着せがましく言われるとかって、もうね。
そんなに聞こえるのが偉いのかと。
私だって、筆談より手話で普通にしゃべりたいわ。
それができんから、筆談でしゃべろうぜって言ってんのに、それさえこっちのわがまま、努力不足って扱いにされるん?
それで仕方なく口読もうと頑張っても分からなくて「分かりません」と言ったら笑われるん?
普段なら一緒に、笑って流したりもするけどさ。今、そんな余裕ないわ。
聞こえない人が聞こえないことの何が面白いんだか。
…こういうこと言ったら「聞こえる人が聞こえないあなたと話そうと頑張ってくれてるのに感謝がない」とか言う人が絶対出てくるんだけどさ。
じゃあ、ろう者が聴者と話す時に声で話したり口を読み取った時に、「聞こえない人が手話の分からない私と話そうと頑張ってくれてるから」と感謝してくれる聴者がいるか?って話。
「周りが聞こえる人ばかりという状況は変わらないんだから、愚痴ってないで慣れるべき」というのもね。
ふざけるなって言いたい。
仕事でもなんでも、しんどい状態が朝から晩まで、休みもなく何カ月も続いて、その状況が死ぬまで変わらないと言われたら、毎日のことだから慣れて平気になるのか?っていう。
ならないでしょ。疲れやストレス溜め込んで壊れるだけでしょ。
しんどい時に「しんどい」くらい言わせてよ。
もう、疲れた。
—–ここまで—–
いかがだったでしょうか?
私は、聞こえない友達ができて8年目になりますが、それまではいろんなことを誤解していたし、「正面からゆっくり話せば、唇読めます」と言ったこともあります。
それは、その人にとって、苦痛だったのかもしれないと、改めて反省しています。
そもそも聴覚障害者は誤解を受けやすい。
車いすに乗ってるわけでも、白杖を持っているわけでもなく、パッと見は聞こえないということを想像できないことが多い。
後ろから声かけても振り向けないから、「無視された!」と思われてしまう可能性もある。
補聴器をしていることがわかれば、「聞こえないのかな?」と思うかもしれないが、その補聴器も「付けていれば、普通に聞こえるんじゃないか」と誤解されていることがある。
個人に合わせて調整するものの、「あ」とか「い」とか聞き分けられなかった発音そのものが聞き分けられるわけではない。
元々の聴力にもよるから、全く聞こえない人に補聴器は役には立たない。
生まれつき聞こえないのか、中途失聴なのか。
聾学校・普通校の難聴学級・普通校の普通学級いずれで育ったのか。
家族も聞こえないのか、等々。
個人個人の環境によって、どんなコミュニケーション方法を取るのが、その人にとって一番なのかは違ってくる。
昔は、聞こえない人はみんな手話を使ってると思ってたけど、実際は大学生になってから手話を覚えたとか、大人になってから覚えたという話もよく聞く。
中途失聴の人は、日本語を学んでいるので、話すことができる。
話しかけられると、「聞こえるんじゃないの?」と思って、 しゃべり返してしまう。
しゃべり返されても、聞こえないから、外では絶対に話さないという中途失聴者もいる。
生まれつき聞こえない人でしゃべることができる人もいる。
親や聾学校の先生に、口の開き方・舌の位置・息の強さなどを厳しく教え込まれたから、しゃべることができる。
自分の発する声が聞こえない状況で、しゃべりを身につけることは、想像を絶する大変さだったと思う。
それに比べれば、聞こえる人が手話を覚える方がよっぽど簡単なはず。
実際にはなかなか上達しないけど・・・。

長くなってしまったが、その人にとって、どんなコミュニケーション方法が良いのか、常に考えるようにしたい。
友人の投稿を見て、改めてそう思った。

この文章を読んでくれた聞こえない皆さん、私もまだまだ理解できてるとは思えません。
後半に私が書いた部分にもし誤りがあったら、ぜひとも教えていただきたい。

筆談カフェ

筆談カフェ 筆談カフェ
久しぶりに行ってきました『ひつだんカフェ』
聞こえる人も聞こえない人も、筆談でコミュニケーションを楽しむ企画で、時々開かれています。
筆談に使うのは、ノートサイズのホワイトボード、携帯筆談器コミュニケーションボード、スマホやタブレットの筆談アプリなど。
初めて参加した時は、「筆談で面白おかしく会話を楽しめるのかなぁ~?」と疑問だったんですが、やってみるとこれが楽しい。
考えたことを文字にする際、オチを考えて書き加えたり、 相手のことをもっと知りたいと質問してみたりと、自然と楽しもうという意識がわき上がってくるようです。
書いてる内容が誰かとかぶってしまい、「あっ、先越された!」と、あわてて書き直したりすることも。
文字に書き起こすため、できるだけ要約して伝えようという意識にもなり、いい頭の体操にもなってます。
2時間限定の『ひつだんカフェ』ですが、あっという間に時間が過ぎていきました。
次回は、1/21(水)14~16時に神戸三宮で開催予定。
興味のある方はご連絡ください。

たんばしさいがいエフエム出演

たんばしさいがいエフエム
丹波市豪雨災害の被災者に向けて、細かな支援情報や、通行止めになっている道路情報などを届けるたんばしさいがいエフエム。
時には近づいてくる台風に伴う警戒情報も流しています。
そんな放送に生出演しました。
単にパーソナリティが足りないという事情もありますが・・・。
エフエムにしろ、それまでに使っていた防災無線にしろ、音声による情報提供。
ということは、耳の聞こえない方には情報が届きません。
10年前の私なら気にもならなかったことですが、聴覚障害者の友人がたくさんいる今はスゴく気になります。
耳の聞こえない方にも情報を伝える方法は何が良いのか。
最近なら、USTREAMのようなインターネット放送で動画を届けることもできる。
ただ、年を取って耳が聞こえない、もしくは聞こえづらくなった方には、インターネットは難しいかもしれない。
テレビ放送ができれば、誰もがスイッチオンで情報を得られる気もしますが、大がかりな設備が必要=資金が必要ってことなので、個人レベルでできる話じゃないなと思ったり。

丹波市の後に豪雨災害が起きた広島市では、職員が寝ていたために聴覚障害者への緊急災害情報FAXが5時間も遅れたことがニュースになっていました。
緊急時・非常時に限らず、平常時でも、障害のある方や高齢者のみなさんに、いかにして話を伝えるか、考えていくこと必要ですね。