Archive for その他

Konti meets Global

Konti meets Global Konti meets Global

Konti meets Globalに参加しました。
Kontiとは、神戸大学持続的支援プロジェクト。
熊本地震をきっかけに活動を始めた彼ら・彼女らは、熊本現地での支援を続けつつ、神戸でできることをと「Konti meets X」として、様々な学びの階を開いています。
今回は「Konti meets Global」
阪神淡路大震災の際、神戸大学留学生センターに勤務し、留学生の安否確認、支援、ボランティア活動を手始めに、震災後に留学してきた学生へ防災・減災を伝えるための活動を継続してこられた瀬口郁子さんを招いての講演とワークショップでした。
神戸大学では、8名の留学生、36名の日本人学生、4名の教職員が命を落とされたそうです。
キャンパス内には鎮魂碑も立っています。
ただ、一時帰国した留学生もすべて神戸に戻ってきてくれたことは何よりも嬉しかったとおっしゃっていました。
瀬口さんは、そんな被災した学生の生の声を集め、「忘れられない・・・あの日」という体験談集にまとめられました。
それは今も学生に防災・減災を伝えるための教材として使っているそうです。
全文をこちらから読むことができます。

阪神淡路大震災では近所の方に助けられた方が多く、共助の大切さが言われている一方で、留学生には水や食べ物など命をつなぐための情報は近所の方からは伝わってこなかったというアンケート結果も出ているそうです。
外国のみなさんへの情報提供も大切な災害時要支援の一つですね。
鬼怒川が決壊した常総市は人口の1割が外国の方と聞きました。
災害FMも日本語・英語・ポルトガル語の3ヶ国語放送されていたと思います。
私の住む篠山市には外国の方が人口の1%400~500人いると聞いています。
労働者の方々は会社や工場周辺にお住まいのことが多いと思うので、被害が局所的であれば、被災される外国の方の割合は当然増えます。
そう考えると、外国の方いに防災・減災を伝えるとともに、万が一災害が起きたときの対応についてもしっかり考えておかなければならないことに思えます。

献血行って気づいた!

献血行って気づいた!
今日、献血行きました。
もう何回も行ってるんですが、恥ずかしながら初めて気づいたことがありました。
終わったあと、いつも注意文書もらいます。
何らかの理由で提供した血液の使用を撤回する場合のことなどが書かれてるんですけど、その連絡って電話かけることでしかできないんです。
ご丁寧に「あなたの声でお知らせ下さい」と書いてあります。
聴覚障害者のみなさんや、発語に障害のあるみなさんは、どうされるんでしょう。
障害者差別解消法が施行されている今、「これアカンやん!」って思った次第です。
どなたかご存じですか?
今度、日本赤十字に聞いてみようかな・・・。

パソコンが!

パソコンが! パソコンが!
パソコンが起動しない!
ブルー画面になり、リカバリーが必要と言ってくる。
取説を探し出し調べてみると、データは救出できるらしい。
ということで、データ救出中。
その後は初期化するしかないでしょうね、きっと。
久しぶりのパソコントラブルに見舞われています。

市役所をあちこちと

市役所をあちこちと
今日はなぜだか市関係を回ることに。
まずは市民安全課。
集落の住民学習のネタの一つに「防災マップづくり」があるらしく、そのファシリテーターを防災士のみなさんにお願いできないかという相談。
「防災マップづくり」というネタがあるのを知らなかったということは、私の集落のマップは作られてないということ・・・。
それはさておき、私が『みんなで減災し隊!』をやっていると知った担当の方が声を掛けて下さったのだが、メンバー内に篠山市内の防災士は私1人。
知ってる市内の防災士に相談してみて、どう対応するかは考えていこう。
続いては、市民協働課。
『みんなで減災し隊!』で申請した助成金の審査会でした。
審査員10名ほどの前で、活動内容を10分ほどで説明し、質疑応答を受けました。
全体で25分くらいだったと思います。
審査結果は1週間後、さてどうなるやら。
そして夜は、市民衛生課。
こちらは市の衛生委員(いわゆる美化委員)の総会と学習会。
新年度になったということで、前年度の事業報告&決算、新年度の事業計画&予算について説明がありました。
学習会の内容は、ゴミの分別について。
プラスチック包装ゴミと缶・ビンなどのゴミは、リサイクルされる資源ゴミ。
プラスチック包装ゴミとして昨年収集した量は250t。
でもリサイクルできたのは、およそ半分の127t。
プラマークの付いていないプラスチック製品が混じっていたり、汚れが落ちてないものが混じっていたり。
リサイクルできないだけでなく、手作業で分別する人件費もかかっている。
どうしても汚れの落ちないものは、燃えるゴミとして出してほしいとのことでした。
もう一つの注意事項は、缶ゴミについて。
スプレー缶やカセットボンベも缶ゴミとして出せるが、必ず使い切ってから出すこと。
最後に穴を開けてガス抜きしてほしい。
もしガスが残ったままだと、作業員の方の事故につながることもあり得るので要注意です。
缶ゴミを出す際、袋にたくさん詰めようと、缶をつぶしたりしますよね。
軽くつぶすくらいはOKだそうですが、縦に踏みつぶしたような缶は自動選別器で選別できず、リサイクルできないそうです。
自動選別器の動画、こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=fZzU97ZNPIQ
こちらも要注意です。

日本語教室

日本語教室
友人に誘われて、日本語教室を見学に行ってきました。
篠山に働きに来られている外国人の方に、ボランティアで教えています。
「教える側の人数が足りない」ということで声がかかったんですが、もちろんやったこともないし、「とりあえず見学に行きます」と返事をした次第です。
今夜は、教える側3名、学ぶ側4名、そして見学者1名。
それぞれの理解度や進み具合に合わせて、マンツーマンで教えていました。
外国人の方が日本語を学ぶためのテキストを見せていただきましたが、「日本語って難しいなぁ~」と感じました。
ご一緒したのは、ベトナム人の方の勉強。
「~というもの」「~という人」「~ということ」「~というのは」といった言い回しを学びました。
「夏というものは、暑くて当然だ。」
「先ほど、田中さんという人から電話がありました。」
「年中無休ということは、1日も休みがない。」
「各停というのは、各駅に停車する電車のことです。」
「あの女優さん、美人というよりもかわいらしい。」
どの言い回しも何気なく使っていますが、これを外国の方に教えるとなると、かなり大変ですよね。
日本語、ホンマに難しい。

無人島ゴミ拾い

無人島ゴミ拾い 無人島ゴミ拾い 無人島ゴミ拾い
無人島ゴミ拾い 無人島ゴミ拾い 無人島ゴミ拾い
I ♥ かぬま Tシャツ I ♥ かぬま Tシャツ
2年ぶりに行ってきました、無人島ゴミ拾い。
和歌山県にある友ヶ島は、観光や釣りのための定期船が出ている無人島。
ここの浜には、多くのゴミが漂着します。
同じ浜のゴミを毎年拾うこのゴミ拾いも今回で11回目を迎え、私も4回目の参加となりました。
1ヶ月ほど前、他の団体がゴミ拾いしたそうですが、それでもみんなで100袋ほどのゴミを集めました。
例年通り、注射器やライターなどのゴミも見つかります。

休憩時間には、主催者からゴミのお話。
一つは、直径15mm×長さ20mmほどのパイプ状のゴミについて。
これは、牡蠣の養殖に使われるものらしく、ゴミ拾い業界(?)では有名な定番ゴミらしい。
確かに、ちょっと注意して探すと、すぐにたくさん見つかりました。
昔は、同じようなサイズに竹を切って使っていて、万が一台風などで流されてしまっても自然に帰っていたものがプラスチックに変わり、流されてしまうとゴミになってるそうです。
もう一つは、人工芝の切れっ端のような小さなゴミ。
ゴミ拾いでは、大きなゴミに目がいきますが、生態系に影響のあるのは実は小さなゴミとのこと。
今回も一輪車の車輪やポリタンクのような大きなゴミも流れ着いていましたたが、これらを魚が食べてしまう確率は低いですよね。
一方で、人工芝の切れっ端などは魚が食べてしまう可能性が高い。
もしかしたら、みんなの食卓に上る魚の内臓に小さなゴミが入ったままかも。
実際、サンマの内臓から見つかったことがあるらしい。
人間の出したゴミが、海の生物に影響を及ぼすだけでなく、人間の暮らしに返ってきてしまうこともあるということでした。

無人島ゴミ拾いは、島ゴミプロジェクト実行委員会の主催。
今秋には、兵庫県の家島でもゴミ拾いを始めるそうです。
興味のある方は、http://shima-gomihiroi.jp/ をご覧下さい。

今回は、和歌山在住のボランティア仲間も参加。
北関東・東北豪雨の災害支援に行った際、仲間3人で買い求めた「I♥かぬま」Tシャツを久しぶりに着ました。
鹿沼のみなさん、鹿沼で出会ったみなさん、お元気ですか?

篠山市人権のつどい

篠山市人権のつどい 篠山市人権のつどい 篠山市人権のつどい
篠山市人権のつどいに参加してきました。
NHK Eテレで放送されている「みんなのためのバリアフリーバラエティ『バリバラ』」に出演されている玉置幸則さんの講演。
西宮市社会福祉協議会の相談支援事業課 相談総務係に務める係長さんだったんですね。
プロフィールを拝見すると、西宮市にとどまらず、兵庫県、厚生労働省や内閣府でも様々な委員や理事を務めていらっしゃいます。

講演の冒頭、「私の話全てを覚えて帰るのは無理。気になったこと一つでも覚えて帰って、いろんな人に伝えて下さい。」とおっしゃったので、ちょっと長くなりますが書いてみます。

最近、特別支援学校の新設が増えていて、ある県では4校も新設される。
昔に比べて、視覚障害の子供が、聴覚障害の子供が、肢体障害の子供が増えたのでしょうか?
そんなことはありません。
発達障害と診断される子どもが増えたのです。
では、発達障害の子どもは昔少なかったのでしょうか?
そんなことはありません。
昔も、今とほぼ変わらない割合でいたけど、一般の小学校・中学校で何とかやってきたんです。
日本も批准している障害者権利条約では、「障害のある人が成人教育や生涯学習も含めて、インクルージョン教育制度の下に良質な教育を受けられる公平な機会を与えられること。個人に必要とされる合理的配慮が提供されること。さらに障害のある人も教員に採用し、点字や手話の学習やそれらの利用できる機会を確保する。(第24条 Wikipediaの要約より)」とされています。
インクルージョン教育とは、インクルーシブ教育とも言われ、障害者も一般の学校で学ぶ教育のこと。
にもかかわらず、特別支援学校の新設が相次いでいるのは、教職員が専門外と敬遠し、保護者も「いじめられるかも」と思うことからきてる現状だと思う。
全ての差別は偏見と思い込みからきます。
特別支援学校に囲い込めば、差別解消の機会がますます失われます。
一般校に通う子どもたちが、車いすに乗ったり、アイマスクをして白杖を使って歩くなど、障害者を理解しようと1回や2回体験し、「障害者の大変さがよくわかりました。」と感想を書く。
いや、それは違うでしょ!
そんなことではわからない!!
「体験して大変さが少しわかったけど、全てはわからなかった。」のはず。
先日、10才になる息子が「お父さんって障害者?」って聞いてきて、食べてたご飯を吹き出しそうになりました(笑)
「なんで?」と尋ねると、障害者に関する授業を受けてきたらしく、「目が見えず白杖使ってる人、車いすに乗ってる人などが障害者」と習ってきたらしい。
「今さら?」と思ったけど、息子にとって父親が障害者と区分けされることはどうでもいいことなのでしょう。

子どもの権利条約に日本が批准したのは1994年、もう20年以上も前のことです。
子どものイジメ・虐待・自殺はなくなりましたか?
むしろ増えてるんじゃないでしょうか?
それは、大人がおかしいことをおかしいと訴えてないからだと考えています。
障害者と壁を作らず、教育・就労・住まいなど、誰もが自立できる社会を作ることが大切です。
昨年、障害者施設で殺人事件が起き、たくさんの命が奪われました。
どうして、障害のある人だけが、1つの場所に集団で暮らさなければならないのでしょう?
もし、1人1人の暮らしがそれぞれの地域にあることが当たり前であれば、あのような事件は起こらなかったかもしれません。
ーーーーー

先日、特別支援学校で教室不足が深刻という新聞記事を目にしました。
https://goo.gl/lpXE1j
文科省は「特別支援教育への理解が深まった」と言ってるそうだが、講演を聞いて「やっぱりこれは差別の結果なんだ」と再確認できました。
玉木さんのおっしゃる通り、1回や2回講演を聞いたからと言って、理解できるわけではないと思います。
でも、1つずつ知っていくこと、経験していくことでしか道は開けず、ゴールに近づけないのも確かですよね。

飛び石による傷

飛び石による傷 飛び石による傷
飛び石による傷 飛び石による傷
運転していて、ふと気づきました。
フロントガラスに飛び石による傷ができてました。
ネットで調べてみると、気温の寒暖差や走行時の振動で傷が広がる可能性もあるらしい。
修理を頼むと、それなりの費用がかかるということもわかって、リペアキットを使って自分でやってみました。
日本製のキットもあるようなんですが、こちらのキットが格安だったので、迷わず購入。
やってみると、思いのほか上手くいきました。
万が一の際は、みなさんもトライしてみて下さい。

タイヤ交換

タイヤ交換
ぽかぽか陽気に誘われて(?)タイヤ交換。
スタッドレスタイヤも次の冬までお休みです。
1台の交換を終え、もう1台に取りかかろうとして気づきました。
「夏タイヤ、もうスリップサインが見えそう!」
そう、交換時期だったんです。
スタッドレスタイヤもかなりの年数たっているため、そのままはき続けるにしました。
次の冬には新しいスタッドレスタイヤが、その冬が終われば、新しい夏タイヤが必要です。
あー出費が痛い。

くろまめ~自閉症・発達障害を学ぶ会

くろまめ~自閉症・発達障害を学ぶ会
今日は、おめめどう主催の『くろまめ~自閉症・発達障害を学ぶ会』に参加しました。
おめめどうは、障害のある人とその人に関わるみなさんが居心地のいい暮らしを送れるよう応援しています。
http://omemedo.tanba-sasayama.com/
なんとな~くは知っていても、発達障害・自閉症・AD/HD・アスペルガー・LDなど、その違いもキチンと学んだことはなかったので、「知りたい!」と思っての参加です。
いま、子どもたちの6%は発達障害を持っている。
笑顔つながるささやまステイでやってくる子どもたちの中にもいるかもしれないし、高齢者・妊婦などと同じく障害者も災害時には配慮が必要となるため、防災・減災の普及活動にも必要な学びの1つだと考えています。
学ぶ会、前半は講師によるお話し、後半は参加されている方からの質疑応答。
発達障害のお母さんから実際に困ったことについての相談は、その1つ1つが知らなかった世界を垣間見るようで、本当に勉強になることばかり。
やっぱり事実ほど学びになるものはありませんね。

自閉症・発達障害の人への支援は以下の4つ。
1.見通しのある暮らしをする。
2.自分で選ぶ。
3.見てわかるコミュニケーション。
4.人と違ってもいい、みんなと一緒でなくていい。

本人が居心地の良い暮らしを送るために考えて対応したり支援したり。
その方法は違っていても、障害を持つ人や配慮が必要な人に対しても「こうした方がいんじゃないかな」とか「みんなこうやってるから」と勝手に思い込んで接するのは違うなと改めて感じました。
これからもこんな感じで少しずつ学んでいきたいと思います。