Archive for その他

伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム

伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム 伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム
今夜は『伴奏型支援プロジェクト実践フォーラム』に参加。
中間支援組織がNPOと一緒になって支援プロジェクトを実践した結果報告です。
その前に、NPOのマーケティングに関する講演。
NPO活動では、ついつい自分たちが何をどれだけがんばったかという結果ばかりの報告になりがちだが、大切なのはその結果によりどんな変化が起こったかという成果が大切。
そのためには、活動前にゴールとなる成果をハッキリと設定すること、そして誰に対して行うのか相手を絞り込み、同様の活動をしている他団体に比べてどんな独自性・優位性を持っているかを伝えることができなければ、相手には響かない。
やってみて、成果がどのくらい達成できたか、あるいはできなかったかを測定して次につなげることも大切。
そんなお話しでした。
実践報告の中では、日本クリニクラウン協会のガチャガチャ募金が面白かった。
その活動は、小児病棟にクリニクラウン(臨床道化師)を派遣し、ワクワク・ドキドキの子ども時間を届ける。
その活動と同じく、ワクワク・ドキドキするガチャガチャ募金の実践報告。
500円(寄付)でガチャガチャを回すと、道化師になるための赤鼻の入ったカプセルが出てくる仕組み。
カプセルから赤鼻を取り出せば、その場で付けてみたくなるし、そうすればスタッフと寄付者の間に会話も生まれる。
とても素敵な取り組みだなぁ~と思いました。
https://www.facebook.com/CliniClownsJapan/

バレンタイン一揆

フェアトレードチョコレート
2012年に制作されたドキュメント映画『バレンタイン一揆』を観た。
チョコレートの原料であるカカオの生産に児童労働という問題があると知った女子大生1人・女子高生2人が、ガーナを訪ねる。
「幼い頃から働くのが当たり前」
そんな環境では、学校に通わせてもらうこともできない。
そのままでは、いつまでも貧困から抜け出せない。
ACEというNGOの支援を受け、児童労働をなくそうと取り組んでいる村。
そこでは、つい最近まで児童労働させられていた子どもたちが、楽しそうに学校に通っている。
「将来の夢は?」とたずねると、医師・看護師・教員など、大きなゆめを持っている。
逆に「夢はなに?」と聞かれた女子大生は言葉につまってしまった。

帰国後、彼女たちは生産者も幸せになるようにと、フェアトレードのチョコレートを買ってもらうイベント「バレンタイン一揆」を企画・実行する。
ただ、なかなか関心を持ってもらえず、目標人数には届かない。
それでも彼女たちは、伝え続ける。
「どんな原料で、誰が作っているのか、生産者のことを考えてほしい」
「フェアトレードを選んでほしい」
「児童労働のことを知ってほしい」

「TSUTAYAでフェアトレードのチョコレートを売ってる」と聞いたので、早速帰り道によってみた。
チョコレートだけでなく、紅茶、ジャム、ドライフルーツも売っていた。

もうすぐバレンタイン。
フェアトレードは「生産者に正当な収入を」ということで、少し高めの価格。
それでも、1粒何千円というチョコレートだってある。
フェアトレードのチョコレートを選ぶことも考えてみてはいかがでしょう?

権利擁護市民フォーラム

権利擁護市民フォーラム 権利擁護市民フォーラム
権利擁護市民フォーラムに参加してきました。
聞いたことはあるけど、全くわかってなかった成年後見制度。
『認知症、精神障害、知的障害などの理由で判断能力が不十分な人が、財産管理や日常生活での契約などを行う時に、不利益になったり、悪質商法の被害者になったりすることを防ぎ、権利と財産を守り、支援をする制度』
法律職・福祉職・医療職そして市民などが連携して、支える制度だそうです。
寸劇も交えて、わかりやすいフォーラムでした。
篠山市は高齢化率32.6%、70才以上・80才以上の高齢者も増えている。
認知症を患う高齢者も増えている。
2011年に福祉のワンストップ窓口ができ、2015年には権利擁護サポートセンターを開設し、今年度から市民後見人の養成講座が始まったとのこと。
この養成講座、なかなか手強い。
基礎実務研修39単位、実践活動研修1.5日、合わせて9日間の研修に加え、レポート提出も3回あります。
今年度の受講者数はわずか9名に留まっています。
その分、濃い研修になってるそうですが。
来年度もまた養成講座を計画されるそうです。
関心のある方はぜひ!
いや、いつかは自分のこと、自分の家族のことになる権利擁護。
みんなで関心持ちましょう!

3度目のファシグラ

3度目のファシグラ 3度目のファシグラ
3度目のファシリテーショングラフィック『かくしかLab.』。
まずは、縦線・横線・〇△□・矢印などの基礎練習。
続いては、マユと口の形それぞれ3つを組み合わせて、顔の表情を書いてみる。
パソコンやスマホの顔文字に近い。
後半は、頭の中にあるものを描き出すことで、頭の中に余白を作る作業。
各自、気になってること・学びたいことなどを思い浮かべ、課題として1つ選ぶ。
そして、その課題に対する思い、迷い、疑問、対処など、思いつくことを全て描き出す。
その後は、3人1組になって、自分の描き出したことを2人に説明し、2人は「私、こんなことなら手伝える(フォローアップ)」「こうなんじゃない?(エディターシップ)」「それ素晴らしい(フレンドシップ)」とコメントし、課題を解決するよう深めていく。

描いたことで、課題が整理できるという点もあるが、2人からコメントもらえたことがすごく良かった。
この年になると、普段の付き合いは年齢の近い人が中心で、若者からコメントしてもらうという機会はあまりない。
今回組んだ2人は大学生で、率直な意見をもらえることがすごく嬉しかったし、「なるほど!」と思わせるものでもあった。
やはり、いろんな人と出会うことはステキだな!
これからもフットワーク軽く出かけよう!!

参加してみたい人はぜひ!
場所は京都市内ですが、『かくしかLab.』は敷居が低くて得るものが大きな活動です。

断捨離

断捨離
年末にやるべきでしたが、今日になってしまった本の整理。
思い切って断捨離しました。
小説はほとんど読まない私、1箱はバイク雑誌ですが、残りの3箱は実用書ばかり。
身についてるものもあれば、身についてないものも・・・。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

機種変更

機種変更
スマホ機種変更しました。
2年半使っているうちに、何をするにも動作があまりに緩慢になり、「そろそろ限界かなぁ~」と。
何ヶ月か前からは、おサイフケータイの機能が使えなくなって不便だったことも理由の1つ。
最新ではないけど、現行機種になって快適!
どんな機能があるのか調べて、しっかり使い込みたいです。

福祉体験学習サポートボランティア養成講座

福祉体験学習サポートボランティア養成講座 福祉体験学習サポートボランティア養成講座
福祉体験学習サポートボランティア養成講座の1回目を受けてきました。
この講座は、小学校などで福祉体験学習をするにお手伝いするボランティアを養成する講座。
いろんな障がいとその介助について知りたいというのが受講の理由です。
今日は視覚障がい者のサポートについて学びました。
福祉体験学習でどのようなサポートをするのか説明を受け、視覚障害の特徴などについて概要説明を受けたあとは実習。
白内障・視覚狭窄などの視覚障害を疑似体験できるゴーグルを着け、新聞や折り込みチラシの読みにくさを体験したり、立ち上がって歩きにくさを体験したり。
その後は2人1組になって、アイマスクを付けた視覚障がい者と介助者を交代で体験しました。
まずは室内で歩いたり止まったり曲がったり、そして階段の上り下り、さらには屋外へ出て歩いてみます。
アイマスクをしていると、傾斜や道の凸凹、舗装されているか砂利道なのかなど、普段はあまり気にしていないことが足裏から伝わってきました。
目が見えなくても不安なく歩いてもらうには、歩く止まる、上り下りといった情報を伝えるだけではなく、まわりの様子を伝えたり、時には雑談を交えながら、2人の距離を縮めるというか、信頼関係を築くことが大切だと感じました。

講座の2回目は来週、車いすを体験します。

2度目のファシリテーショングラフィック

2度目のファシリテーショングラフィック 2度目のファシリテーショングラフィック 2度目のファシリテーショングラフィック
2度目のファシリテーショングラフィック 2度目のファシリテーショングラフィック 2度目のファシリテーショングラフィック
2度目のファシリテーショングラフィック。
まずは前回の復習で基本の基から。
ペンの持ち方、縦線・横線の描き方、○△□の描き方、文字の描き方、人の描き方、矢印の使い方…。
後半はみんなで「何を知りたいか?学びたいか?」意見を出し合い、その結果から4つのテーマに分かれてファシグラしながらディスカッション。
私はテーマ『レイアウト』のテーブルへ。
広げた模造紙のどこからどんなふうに描いていくのか?

大切なのは、余白を作ること。
見やすさもあるし、あとから描き加えることもできるし。
そして消せないからこそ思いっきり描くこと。
描ききれなかったら、裏面もあるし、新しい模造紙をもらってもいい!
とにかく思い切って描く!!

上手くなるには場数を踏む必要もある。
ある大学生は「ファシグラやりたい!」って、講義ノートをファシグラで描いてる。
スッキリしてて、すごくわかりやすい。
講義内容はわかんないけど(笑)
ずーっとワープロの議事録ばかり書いてきた私は、ただただ感心するばかり。

基本的な型がいくつかあると教えてもらったし、毎日何かメモをとることはないけど、今度からはちょっとだけ意識してみよう!
次回も楽しみです!!

三木 金物まつり

三木 金物まつり 三木 金物まつり
兵庫県三木市のビッグイベント、金物まつりに行ってきました。
天気が良かったせいか、例年にも増しての人出。
私は9:30頃に着いたんですが、みなさんかなり朝早くから来られているようで、歩いて10~15分程度の駐車場に停めることになりました。
会場は、仕事として道具を必要とされている方はもちろん、趣味で必要としている方、あるいは食べ歩きや農産物目当ての方々まで、大賑わいです。
2つの体育館は、プロ用の高価な道具や金物中心。
屋外のテントでは、普段使いあるいは長期在庫の道具や金物が格安で売られています。
私もいろいろ買って・・・しまいました。
安いと、ついついたくさん買ってしまいます。