車いすマラソン

車いすマラソン 車いすマラソン 車いすマラソン
車いすマラソン 車いすマラソン 車いすマラソン
今日は篠山市で車いすマラソン大会が開かれ、13.3km地点の関門係をしてきました。
この大会、競技用ではなく普通の車いす部門があったり、車いすを利用していない一般の方がオープン参加できたりと、一風変わった大会です。
もちろん、選手は真剣勝負。
そんな中、運営に関して気になったことがありました。
13.3kmの関門係は私含めて2名。
でもいろんな役割をもって、13.3kmには赤いスタッフパーカーを着た方がたくさんいました。
でも、選手の競技中は応援しているだけのようでした。
信号のある交差点は警察官や警備員がいて、交通規制しているのですが、溜めに流れる川の両側にある小道はノーガード。
気づいた私ともう1人の方が車が出てきそうになるたびに停車してもらい、説明して、迂回してもらうことに。
これって何とかならないんですかね。
警備員を増やさなくても、応援していたスタッフがもう少し散らばって、小道ごとに立てば、2人で右往左往しなくても済んだと思います。
それぞれ主担当はあるんでしょうけど、応援している間は交通整理するよう、朝のミーティングなどで周知してもらえば、選手の安全はより一層確保できると思います。
そして、もう一つ。
今年13.3kmの関門では、例年より多い5人の選手が引っかかりました。
その選手たちを車いすごと運ぶ車は1台しか用意されていなかったため、3人はその車が戻ってくるまで炎天下で待つ事態に。
給水所ではなかったため、飲み物もなく、近くに自動販売機もありません。
少し歩いたところにあったので、私が買いに行き、差し上げました。
たくさん汗をかいて脱水気味だし、熱中症になる可能性もあるんじゃないかと。
選手たちを運ぶ車に何本か水を積んでいれば、簡単に回避できることだと思います。
20~30分くらいして無事に車はやってきて、選手たちは無事に帰っていきました。
その後、ゴール地点に移動すると、「ただいまフルマラソンの最終ランナーが40km地点を通過しました!」んのアナウンス。
ゴール地点って、ゴールタイムがわかるように、黄色い枠のでっかいデジタル時計が置いてあるじゃないですか。
なんと最終ランナーのゴールを待たずに、それ片づけ始めたんです。
反対側から見ていたので、もう本来のゴール制限時間は過ぎていたのかもしれませんが、時計くらい置いていてほしいなと思いました。
片づけるのにめちゃくちゃ時間がかかるってわけでもなさそうだったし。

いろんなことが気になった大会。
気になった点は、主催事務局に伝えようと思います。
関係者の方が、この投稿読む可能性も大ですが・・・。

コメントを残す