Archive for 2015年12月31日

淡路島へ

淡路島へ 淡路島へ
今年の大晦日、淡路島で過ごします。
日韓共催サッカーワールドカップの時、ベッカム率いるイングランドが宿泊したあのホテルです。
1階には、選手たちのサインが入ったユニフォームが飾られていました。
今まで何度か淡路島で泊まったことがありますが、それは旅館ばかり。
ホテルでの宿泊は初めてなので、ちょっと楽しみです。

灯油価格下がってますね

灯油価格下がってますね
最近、ガソリン価格が下がってきて、車必須の田舎暮らしには嬉しい値下がりです。
そして、灯油の価格もここへきてグッと下がってきました。
51円/L、918円/18L!
久しぶりに18Lで1,000円を切ってきました。
篠山へ引っ越してきた15年前、「安いから」と灯油のボイラーを勧められて、我が家の給湯設備は灯油ボイラーなんです。
石油ストーブも使ってます。
その後、灯油価格はグングン上昇、18Lの価格もいつしか1,000円を超えて、 「果たして灯油ボイラーは正解だったのか?」と思う日々でした。
なので、灯油価格の下落は素直に嬉しいです。

寒いっ!

寒いっ! 寒いっ! 寒いっ!
今朝の篠山は冷え込みました。
外に出てみると、一面真っ白に霜が降りてました。
古民家の我が家。
母屋には、サッシの窓が一つもなく、木枠の窓ばかりなので、気密性とは無縁です。
冷蔵庫に取り付けた温度計は、室温4℃を指していますが、冷蔵庫内は5℃・・・。
ものが凍らないように冷蔵庫へ入れるのが、我が家の冬のお約束です。

笑顔つながるささやまステイ報告書できました

笑顔つながるささやまステイ報告書できました
夏に行った『笑顔つながるささやまステイ』の報告書がようやくできあがりました。
今回のステイを行うにあたり、様々なつながりを通して、たくさんの方に寄付や支援をいただきました。
中には、ステイをなぜやっているのか、東日本大震災の福島第1原発事故から4年がたつ今もなぜ必要なのか、そういうことをキチンと伝えきれないまま、支援いただいた方もかなりの数いらしたと感じています。
ということで、今回の報告書は夏のステイで行ったことよりも、保養と呼ばれているこのようなステイは何なのか、何のためにやっているのか、そして実行委員はどういう気持ちでステイに取り組んでいるのかを伝える内容になっています。
さらには、ステイに参加された保護者のみなさんに、福島でどんな暮らしをしているのか、なぜ保養に参加するのか、ささやまステイはどんな存在なのかを話していただいています。
寄付や支援、その他ご協力いただいたみなさんには、近々お届けいたします。
ぜひ最後までお読み下さい。
そして、これから支援してみようかなと思ってる方にも、ちょっと気になる方にも、何らかの方法でお届けできればと考えています。
そして、2016年夏の『笑顔つながるささやまステイ』に向けて、ご支援よろしくお願いします。

丹波大「望」年会

丹波大「望」年会 丹波大「望」年会 丹波大「望」年会
今夏、災害復興ワークキャンプで一緒に活動させてもらった関西大学・佐治スタジオの丹波大「望」年会に顔を出してきた。
佐治スタジオに着いてみると、すでに満員御礼状態。
学生はもちろん、OBOG、そして地元のみなさんや様々な活動で関わった人たちが集っていました。
来られなかった人たちもたくさんいただろうし、それでもこれだけの人数が集まるということは、彼ら彼女らの活動が地域に根ざしていて、愛されているんだろうなと想像できます。
学生ということは、毎年少しずつメンバーは入れ替わるはずなのに、この賑わいはちょっとうらやましくなりました。
大学は大阪にあるにも関わらず、ことある毎に通っている学生たちがたくさんいるんでしょうね、きっと。
地域交流や地域活性化の名の下に、大学生が地方で活動する例は少なくないと思いますが、佐治スタジオという拠点があって、常駐しているスタッフがいることも大きいのではないかと感じました。
また何か関わりを持てる機会があったら良いな。

安定ヨウ素剤の配布始まります

安定ヨウ素剤の配布始まります
福島第1原発事故を受け、原子力防災を検討してきた篠山市。
年明けからいよいよ安定ヨウ素剤の事前配布が始まります。
安定ヨウ素剤は、原発事故が起きた際に服用すると、甲状腺の内部被ばくを抑える効力があります。
成長期にある子どもたちや若者の方が、被ばくのリスクが高く、40歳以上の人にはリスクが少ないといわれていることもあり、篠山市では「40歳くらいまでの方々に配布受領を勧めており、高濃度の汚染が発生した場合も考慮して40歳以上でも希望者には全員配布する。ただし、3歳未満の乳幼児は丸剤の服用が困難なため、配布できない。」としています。
40歳以上であっても、自分の身を守るため、そしてどんなリスクが存在しているのかを知るためにも、ぜひ受け取りに行ってください。

現代仏壇づくり 5

現代仏壇づくり 5 現代仏壇づくり 5 現代仏壇づくり 5
ステンドグラス作家の友人とのコラボとなった現代仏壇。
ようやくその全貌を公開です。
いつもながら、そのデザインとチョイスされたガラスの美しさに惚れ惚れします。
ステンドグラスと聞くと、原色のようなガラスで構成された作品と思いがちですが、こういう透明をベースにしたと言うか、モノトーンに近いと言うか、そういう作品を作る作家もたくさんいます。
友人(その当時は友人ではなかった)の作品を初めて見て、「そういうステンドグラス作品もあるのか!」と一目惚れしたことを思い出します。
みなさんも、ステンドグラスの世界へどうぞ。
http://glassayasue.blog.shinobi.jp/

Tシャツ当たった!

Tシャツ当たった! Tシャツ当たった!
災害ボランティアに行っていた栃木県鹿沼市。
市役所の封筒で何やら郵便が届きました。
開けてみると、鹿沼ぶっつけ秋祭りのTシャツが入ってました。
ボランティアに行ってる時、ちょうどお祭りがあって、そのガイドブックにあったプレゼントに応募したんでした。
名産の美味しいもの狙いだったんですが、Tシャツも良い記念になります。
今度は観光で鹿沼を訪ねてみたいです。

常総市災害ボランティア、通算11日目

常総市災害ボランティア、通算11日目 常総市災害ボランティア、通算11日目 常総市災害ボランティア、通算11日目
午前中は、昨日作業させていただいたお宅で、残った砂利洗いの作業。
洗った砂利を元に戻し、昨日戻したスペースも含めて全体をならしました。
午後は別のお宅へ移り、裏庭と畑に流れ込んだ土砂の撤去。
うっすらと流れ込んでるところもあれば、厚さ数cmのところも。
5人で土のう100袋以上を出しました。
常総での活動も今日が最後。
あとは仲間に任せて帰宅します。

常総市災害ボランティア、通算10日目

常総市災害ボランティア、通算10日目 常総市災害ボランティア、通算10日目 常総市災害ボランティア、通算10日目
昨日は田んぼクリーン大作戦の日。
近隣の高校生を中心に、一般ボランティアや地域のみなさん合わせて300名を超える参加者が集まり、2ヶ所に分かれてゴミ拾い。
担当はゴミの仮置き場にやってくる回収車からのゴミおろしでした。
田んぼクリーン大作戦も3回目ですが、まだまだ手付かずの農地もたくさんありそうです。
午後は移動して、浸水したお庭の砂利洗い作業。
女性とお子さんだけで作業されていたところへ4人で応援に入りました。
家そのものの泥だしや修繕が終わっても、「快適に住まう」「楽しく住まう」と言えるまでには、庭も元に戻り、花壇に花が咲く、そんな日常がやってきてこそですよね。
今年も残りわずか。
1人でも多くの被災者の方が、気持ちよくお正月を迎えられるよう、ボランティアのみんなは、できる範囲でがんばっています。