Archive for 2015年8月31日

軽微なトラブルもユニット交換

軽微なトラブルもユニット交換 軽微なトラブルもユニット交換
我が家の車、マニュアルモードも付いているオートマ車。
マニュアルモードのシフトダウンができなくなりました。
ディーラーで調べてもらうと、レバーを操作した時に電気信号を送る部分が作動してないとのこと。
写真の赤丸部分の奥にあるらしい。
そこだけ交換かと思えば、シフトレバーから下がユニットになっているらしく、ごっそり交換。
高くつきました。
パーツ1つ1つではなく、最近は交換ユニットになってるんですね。
少しでも早く交換しなければならないレーシングマシンのピット作業みたいです。

朝昼晩と行事目白押し

丹波市パブリックフォーラム ゆるナイトバザールwith島唄大会in大芋
今日は朝昼晩と行事目白押し。
まずは、アート・クラフトフェスティバルinたんばの打合せと作業。
いよいよ出展者も確定し、みなさんにお配りする名札や看板の準備など、準備も佳境です。
お昼に終わると、丹波市パブリックフォーラム「あの日、そして明日へ」に参加。
丹波市豪雨災害から1年がたち、当時を振り返ると共に、今後どう進んでいくかが話されるフォーラムです。
そして夕方、篠山市に戻り、ゆるナイトバザールwith島唄大会in大芋に出展。
市内でもかなりローカルなエリアでの開催でしたが、思ったよりも人が集まることにビックリ。
出展者も市内だけでなく、西宮や大阪からはるばる参加された方も・・・。
どうやら主催された方のつながりで、参加されたようです。
ひょっとしたら、今後注目のエリアになるかもしれません。

復興に向け1年

復興に向け1年
丹波市豪雨災害から1年。
復興祈念のイベントが行われるというので、見に行ってきました。
思ったよりは来場者が少ないようでしたが、一緒に作業したボランティアの面々とも再会し、楽しいひとときを。
「大丈夫だろう」とバイクで行ったのですが、雨が降り始め、強くなる前に早めに帰宅。
最後まで楽しまれたみなさん、お疲れさまでした。

巣箱をお届け

巣箱をお届け 巣箱をお届け
さて、巣箱20個いよいよお届け。
神戸にある由利五右衛門の店舗兼アトリエへ。
初めて訪ねた彼のアトリエ。
店舗を兼ねているとはつゆ知らず、てっきり完成した作品や描きかけのキャンバスに囲まれて制作しているのかと思ってました。
巣箱の方はとても喜んでもらえたので、ひと安心。
11月の予定だった展示会は、ギャラリーの都合で来年の5月に延期になったらしい。
来年までのお楽しみ~

たんばコミュニティエフエム

たんばコミュニティエフエム たんばコミュニティエフエムたんばコミュニティエフエム
9/17に開局する『たんばコミュニティエフエム』
通りすがりにスタジオを見学してきました。
ちょうど1年前の9/17、豪雨災害の被災地、前山コミュニティセンターに開局した『たんばしさいがいエフエム』
およそ2ヶ月半の臨時放送局でしたが、お手伝いしていた拠点の一角にできたこともあって、時々しゃべらせていただいていました。
3枚目の写真が当時のスタジオ(?)です。
それに比べれば、キチンと仕切られた部屋にあるし、機材もたくさんあって、さすがに本放送は違います。
丹波市在住・在勤の方を中心に、みんなで作る放送局。
9月1日~6日には、スタッフ養成講座が開かれます。
気軽に参加してみませんか?

たんばコミュニティエフエム
〒669-3461 丹波市氷上町市辺683
電話 0795-82-1881
https://facebook.com/tanbasaigaifm

ラジオ出演

ラジオ出演
丹波市豪雨災害のボランティアセンター閉鎖後、有志による丹波ボランティア会が残ったニーズに対応しました。
そのことを取り上げて下さったラジオ大阪OBCの小川アナウンサーが『防災~守れる命~』という番組で、 災害から1年を迎えた丹波市の今を伝えて下さるということで、取材を受けてきました。
発災当初の話、復旧工事が進み始めた被災地の今、ボランティアセンター閉鎖後も被災者と災害ボランティアをつなぐ『いちじまびと』の活動、さらには私が関わっている東日本大震災の福島第1原発事故で放射能の影響を受けている子どもたちとその保護者を招く「笑顔つながるささやまステイ」のこともお話しさせていただきました。
一部のインタビューは、録音も。
少しでも防災につながる放送になりますように。

放送予定は以下の通りです。
ラジオ大阪OBC 1314kHz
8/29(土) 朝6:35~45 「防災~守れる命~」
http://www.obc1314.co.jp/bangumi/mamoreru/

刈った、刈った!

刈った、刈った! 刈った、刈った!
刈った、刈った! 刈った、刈った!
いやぁ~何かとバタバタしていたり、雨が降ったりで、すっかり伸びてしまった雑草。
やっと今日刈りました。
なんだかあっという間に伸びた気がするんですが、それなりに日もたってるんでしょうね、実際は。
とりあえず、スッキリしました。

ネスカフェバリスタ解体清掃

ネスカフェバリスタ解体清掃 ネスカフェバリスタ解体清掃 ネスカフェバリスタ解体清掃
動きの悪くなったネスカフェバリスタ。
ネットで調べてみると、内部にコーヒーがこびり付くのが原因らしく、自己責任で解体してキレイにしている人が多い模様。
ということで、解体してみました。
水分を含んで粘土のようになったコーヒーが、いろんなところに固まってこびり付いています。
お湯を張ったバットに取り外したパーツを浸すと、ご覧の通りコーヒーが溶け出してきます。
洗って、乾かして、再組み立てすると、ちゃんとスムーズに動きました。
めでたし、めでたし。
それにしても、普通に使っていて動きが悪くなるにもかかわらず、メンテナンス性の悪さはどうしてなんでしょう?
ユーザーが簡単にメンテンナスできることも、性能の一つですよね。

巣箱づくりの続き

巣箱づくり
先日、途中経過をアップした巣箱づくり。
切妻屋根の巣箱に続き、片流れ屋根の巣箱も作ってます。
もちろんこれも、友人アーティストが絵を描くためのキャンバス。
今は無地の巣箱も、彼の手にかかれば、カラフルな作品に仕上がること間違いなし。
楽しみにしています。

大杉ダム 清掃

大杉ダム 清掃 大杉ダム 清掃 大杉ダム 清掃
昨年夏の丹波市豪雨災害から1年。
奈良の高校生20名、大阪大学の災害ボランティアサークル『すずらん』の呼びかけでやってきた大学生8名、地元中学生数名が、大杉ダムの清掃ボランティアにやってくるというので、サポートを頼まれ、参加してきました。
水位の下がったダムの水際には、多くの流木が姿を現しています。
さすがに1人で抱えられないような巨大な流木は少なかったですが、打ち上げられた流木をリレーして上まであげました。
湿度が高く、蒸し暑い中の作業でしたが、こまめに水分補給と休憩をはさんで、ケガなく、ダムにはまる人もなく終えることができました。
参加された学生のみなさん、お疲れさまでした。
雨が降り、水位が上がれば、また流木が流れ着くでしょう。
これからも定期的な清掃が必要ですね。