Archive for 2014年7月31日

Skype

Skype
今さらながら、Skypeデビューしました。
パソコンもしくはスマートフォンとインターネットにつながる環境があれば、ビデオ通話が楽しめます。
すごい世の中になったものですね。
遠く離れた人の顔を見ながら話す・伝える。
そんなことが誰でも簡単にできる。
携帯電話が一般的になったこともスゴイと思いましたが、こういう進歩を考えると、これからがますます楽しみになりますね。

まもなく『ささやま里ぐらしSTAY』

まもなく『ささやま里ぐらしSTAY』
東日本大震災の福島第1原発事故で放射能の影響を受けている子どもたちとその保護者をささやまに招く『ささやま里ぐらしSTAY』。
まもなく始まります。
参加者のみなさんにお渡しするしおりができあがりました。
「やっとここまできたか!」という気もするし、「春のステイが終わってからあっという間だったな」といい気もします。
今回も、参加者のみなさんが楽しんでもらえるよう、がんばります!

レンタルサーバー乗換

レンタルサーバー乗換
ホームページとブログは、とあるレンタルサーバーを利用しています。
ハード・ソフトとも技術の進化とでも言うのでしょうか、新しいサービスの方がディスク容量が大きかったり、セキュリティが厳しかったりと、機能充実。
しかもレンタル料金も安い。
ということで、新しいサービスへ乗り換えました。
契約を済ませ、サーバー上のデータを移すわけですが、問題なく一発OKとはならず、ネットで調べてみては「こうかな?」と試しつつ、何とか移し終えました。
単に移しただけですがから、ホームページもブログも見た目はそのまま。
「ホームページを新しく作り直したい」と思ってどのくらいたつだろう。
そちらも何とか早く手を付けないと・・・。

夏の一枚

夏の一枚
自宅前から北側を臨む。
田んぼの向こうに青い空と白い雲。
夏になると、毎年見られるこの風景。
とても気に入ってるんですが、これが草原だったらと思うのも毎年のこと。
もし草原だったら、絶対に寝転がるのに・・・。
それにしても、ハッキリクッキリとしたコントラストは、贅沢な景色です。

ちるみゅー

ちるみゅー ちるみゅー
篠山にあるチルドレンズミュージアム、通称ちるみゅー。
友人が開催されるイベントの手伝いにやってくると聞いたので、顔を出してきました。
園内にあるレストランを手伝っていたんですが、着いた時はちょうどお昼ご飯を食べていて、一緒に食べることに。
揚げきなこパン、鯨肉の揚げ煮、マカロニサラダ、ビン入り牛乳、ゼリーという、懐かしの給食。
と言っても、私が子どもの頃はまだ揚げパンありませんでした。
それでもアルミの食器で食べる給食は懐かしく感じました。
たまには給食食べたいです。

募金箱設置のお願い

カフェ氣遊 バイクハウスGREENPEACE
ささやま里ぐらしSTAYの支援をお願いしに、ひとっ走り。
能勢町にあるカフェ氣遊と、川西市にあるバイクハウスGREENPEACEへ。
どちらも快く募金箱を設置していただき、サポーターになっていただきました。
東日本大震災から3年がたち、遠く関西にいると、つい忘れてしまいそうになりますが、何かきっかけさえあれば、支援して下さるみなさんがいることは心強いです。
末永いご支援、よろしくお願いします。

毎月25日は

毎月25日は
毎月25日夜は定例、村の集会です。
今日の話題は、間近に迫った祭のこと、墓掃除のこと等々。
今回は、ささやま里ぐらしSTAYの日程とかぶってしまったため、欠席させていただくことに。
気持ち良く了承いただいたので、STAYに専念します。
久しぶりの再会あり、新しい出会いあり、楽しみです。

また草刈り

また草刈り また草刈り
今年の梅雨は雨が少なかったにもかかわらず、おひさまをたくさん浴びたせいでしょうか、雑草伸び放題です。
まつりが近く、親戚が集まるということもあって、ご近所さんもせっせと草刈りされています。
我が家も少しはましになったでしょうか。
それにしても、雑草緒勢いはスゴイ!

土用干し

土用干し
去年から始まり、参加している『梅干しを福島へ送ろうプロジェクトfromたんばささやま』
http://umefuku.exblog.jp/
今年も梅雨が明け、いよいよ土用干しの季節がやってきました。
さっそく盆ざるに広げてみると、今年もなかなかいい感じで色づいています。
今週は腫れが続きそうだし、土用干しには最適。
今日から3日間、がんばって干します。
どうか美味しい梅干しになりますように!

ガラス工房るん

夕方、篠山市内にあるガラス工房るんのお2人がやってきました。
http://www.glass-rung.com/
先日、ささやま里ぐらしSTAYの支援をお願いしたところ、工房見学を兼ねて訪ねて来てくれました。
ガラスと木、素材が違えば、必要な機械も技術も全く違う。
当たり前のことなんですが、お互いのことを説明し合うと、驚きやら、納得することやら、初めて知ることがいろいろあります。
違うジャンルの現場は、やっぱり楽しいものなんですね。
ガラスにもいろんあ技法があると聞き、全ての現場を見てみたくなりました。

そして、ささやま里ぐらしSTAYの支援についてご相談。
教室もされているので、募金箱を置いて下さることになり、今後はワークショップも検討していただけることに。
感謝、感謝です。