Archive for 2014年4月30日

タケノコ掘り

タケノコ掘り タケノコ掘り
友人とタケノコ掘りに行ってきました。
訪ねた場所は、とある栗林。
すぐ横に竹林があって、根を張った竹が栗林にまで達し、栗林の中にもタケノコが生えてきていました。
そのままにしておくと、栗林が荒れてしまうため、タケノコを掘るわけです。
もちろん、竹林にも入って、タケノコを掘りました。
たくさん採れましたが、まだしばらくは新たなタケノコが出てくるそうです。
竹の生命力は凄いですね。

干し葡萄の会

干し葡萄の会
近くにある『ささらい』さんで開かれた『干し葡萄の会』に参加してきました。
たくさんのワインを飲み干す会なんですが、いろんな人との出会いの会でもあります。
集まったのは15名ほど、半分以上は初対面の方でした。
人とのつながりは面白い。
最近、篠山にやってきたという方が「篠山は人が面白い」と言っていたが、篠山にはそういう人を集めてしまう魅力があるのかもしれない。
私が篠山にやってきた2000年頃は、篠山へ移住してくる人はそれほどいなかったが、ここ数年は本当にたくさんの人が移住して来られていると感じます。
新しい出会いに感謝。

きもち からだ なごむ ささらい http://sasarai.com/

工房えらむ展

工房えらむ展 工房えらむ展 工房えらむ展
工房えらむ展 工房えらむ展
ものづくり仲間、『工房えらむ』さんの展示会へ行ってきました。
ご主人は手彫りの木の器、奥様は染め織りをされています。
同じ木を扱うと言っても、ひたすら彫り続ける作業、なかなか根気のいる作業です。
同じ作業を続けるのがどちらかと言えば苦手な私には、なかなか手の出せない作業です。
でも手彫りの木の器は、やっぱり味がありますね。
そして、染め織り。
糸を草木染めして、織り上げられた作品は、やさしい色合いに癒されます、
カバン・ストール・洋服など、春になると女性が身につけたくなりそうなアイテムばかりです。

工房えらむ http://eramu.net/

友が島 無人島ゴミ拾い

友が島 無人島ゴミ拾い 友が島 無人島ゴミ拾い 友が島 無人島ゴミ拾い
友が島 無人島ゴミ拾い 友が島 無人島ゴミ拾い 友が島 無人島ゴミ拾い
友が島 無人島ゴミ拾い 友が島 無人島ゴミ拾い 友が島 無人島ゴミ拾い
昨年に続き行ってきました『無人島ゴミ拾い』
和歌山県にある友が島は、人は住んでませんが、釣り・観光・キャンプなどで来島する人のいる定期便も出ている島です。
昨年と同じ海岸に行ってみると、大きなものから小さなものまで、あるわあるわ大量の漂着ゴミが。
中には針が着いたままの注射器といった医療ゴミまで。
100名を超える参加者で約3時間、330袋ものゴミを拾うことができました。
家族で参加されている方も多く、小さなお子さんが楽しめるよう魚やタコの形にゴミを並べるゴミ塗り絵なんて企画も。
開会式で主催者のあいさつ。
「昨年大きな被害をもたらした台風の影響で、今年はゴミが多い気がします。台風・地震・津波など、大きな災害があった翌年にはたくさんのゴミが流れ着いているように思います。もちろんそれだけではなく、本来なら街でキチンと回収されるべきゴミもやってきます。ここ友が島には、日本各地はもちろん近隣諸国からもゴミが流れ着きます。ここに流れ着かなかったゴミは太平洋を漂い、ハワイやアメリカ本土へと流れて行ってしまいます。少しでもここ友が島で食い止めましょう。」
やはり、「普段からゴミを減らす」「捨てるべきところに捨てる」といった1人1人の心がけが大切ですね。

山開き準備の登山道整備

山開き準備の登山道整備 山開き準備の登山道整備 山開き準備の登山道整備
朝から裏山の登山道整備。
裏山は、弥十郎ヶ岳というちょっとは名の知れた山で、来月には山開きが行われます。
その前に、倒木を避けたり、案内看板を直したりするために、集落の皆さんで毎年この時期に登っています。
数年前に作った丸太橋が老朽化しているので、付け替えるの今回の作業。
皆さんで手分けして整備してきました。
私は、3人の方と一緒に案内看板の手直し隊。
山頂まで2時間ほどかけて登ってきました。
山好きのみなさん、ぜひお越し下さい。

いよいよGW

今年もいよいよゴールデンウィークに入りますね。
長い方は10連休という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
私はと言うと、前半は裏山の登山道整備・ゴミ拾い・車いすスポーツ大会と3つのボランティア、後半は仕事でイベント参加。
そんな感じで過ぎていきそうです。
雨が降る予報の日もありそうですが、楽しいゴールデンウィークが過ごせるといいですね。
みなさんも楽しんで下さい(^_^)/

初夏の日差し

初夏の日差し 初夏の夕景
ここ数日はいいお天気。
朝が冷え込む分、日中は気温も上がり、初夏の陽気。
雲一つない青空が広がりました。
まわりの田んぼでは代かきの真っ最中、ゴールデンウィークに入れば田植えが始まります。
こんな日は夕焼けもキレイ。
水が張られ始めた田んぼに 写った夕陽がとてもまぶしかったです。
大きな建物が少ない分、広がる景色も大きいですね。
田舎ならでは。

ささやま里ぐらしステイ2014夏、始動!

ささやま里ぐらしステイ2014夏、始動!
東日本大震災の福島第1原発事故で放射能の影響を受けている親子を篠山に迎える『ささやま里ぐらしステイ』
3月末に行った春のステイから1ヶ月。
夏の開催に向けて始動しています。
夏休みまでって時間短いですね。
話し合うと、いろんな課題ややるべきことが見えてきました。
開催に向けて、一つ一つこなして進んでいきたいと思います。
運営的にも金銭的にも、多くの方の協力があってこその里ぐらしステイ。
今後ともご支援・ご協力よろしくお願いします。

座卓用脚お届け

座卓用脚 塗装中 テーブル脚と座卓脚 座卓の完成
「ダイニングテーブルの天板をそのまま使い、座卓にしたい」と友人から頼まれ、作った脚を届けてきました。
脚はネジ留めする構造で、簡単に付けたり外したりできる構造だったので、「同じ構造で短い脚を作れば座卓にできる」と製作したものです。
「少し高さを変えることができるようにしてほしい」という要望もあったので、脚底には調製用のネジも組み込んであります。
お届けして、実際に取り付けしてみると、なかなかいい感じ。
座卓として生まれ変わり、これからも活躍してくれそうです。

お薬師さん

畑市 西光寺 国指定重要文化財 薬師如来坐像
国指定重要文化財 薬師如来坐像 畑市 西光寺 畑市 西光寺
私の住む篠山市畑市という集落には、西光寺というお寺があり、国指定重要文化財の薬師如来坐像が納められています。
そしてまわりには、多聞天・増長天・持国天・広目天の4体の立像も。
補修の多い広目天を除く4体が国指定の獣医用文化財という貴重な木彫の仏像です。
実はこの西光寺、以前は村の奥にあったんですが、住職が不在となり、当時の文部省が仏像の保管庫として新たに建てたものです。
それを村のみなさんが守ってきました。
普段は鍵がかかっているのですが、 春のこの季節は公開しています。
期間は4/25の午前中まで。
仏像好きのみなさん、木彫好きのみなさん、ぜひお越し下さい。