Archive for 2014年3月31日

福島滞在2日目

伊達市保原駅裏の放射性物質仮置き場 福島県庁東分庁舎の放射性物質仮置き場
福島滞在2日目。
今回の滞在は、東日本大震災の被災地の今を知ることが目的。
今日は、放射性物質の仮置き場を見てきました。
一つは伊達市にある保原駅のすぐ裏、近くに寄ると銀色の鉄板に囲まれて中は見えませんが、駅のホームに上がるとたくさんの袋が積んであるのがハッキリ確認できます。
二つ目は、解体工事中の福島県庁東分庁舎にある仮置き場。
ここにもたくさんの袋が積んでありました。
どちらも生活圏に近いことに驚かされます。
とてもじゃないけど、「十分に安全が確保されている」とは思えませんでした。
福島の皆さんは、日々こういう現実と向き合って暮らしていることは、ほとんど報道されませんね。
「普通に暮らしたい」「当たり前の暮らしを取り戻したい」そんな声が聞こえてきそうです。
私たちに何ができるか考えて、実行に移していきましょう。

ささやま里ぐらしステイ 最終日

ささやま里ぐらしステイ 最終日
あっという間の5日間、もう最終日。
始まるまでは待ち遠しかったこのステイも、始まってしまえば本当に早い。
なんとか大きなトラブルもなく、無事に終了しました。
3回目の参加となるお子さんのスタッフへの感謝の手紙で始まったこのステイ、東日本大震災そして福島第1原発事故からの
3年間をどんな気持ちで過ごしてきたのか、どれだけの不安と向き合ってきたのか…。
表面的には元気な笑顔しか見せない子どもたちの内面を改めて考える機会となりました。
手紙をもう一度紹介して、ステイ最終日を締めくくりたいと思います。
皆さんお疲れさまでした、ありがとう(^_^)ノ
参加者のお子さんからの手紙 参加者のお子さんからの手紙

ささやま里ぐらしステイ 4日目

東映太秦映画村へ
今日は篠山を離れ、京都へ。
目的地は東映太秦映画村、江戸時代にタイムスリップできるテーマパークです。
昨日おとといと、マイクロバス運転手として篠山市内を回りましたが、京都へは初の遠出となりました。
京都市内の渋滞を抜け、到着すると、春休みのしかも土曜日ということもあって混みあってましたが、子どもたちはみんなステキな笑顔を見せてくれました。
それでも時間が足りなかったようで、「また来たい!」と少し物足りなかった子どももいたようです。
篠山というフィールドを使って元気いっぱい遊ぶことも大切ですが、たまにはこういう施設で楽しむのも異次元体験できて、良いものですよね。
今回はスタッフとして行ったのでサポート役でしたが、また行く機会があれば自分も楽しみたいと思います。

ささやま里ぐらしステイ 3日目

川遊びする子どもたち
ステイ3日目、暖かい日差しに恵まれ、子どもたちは元気いっぱい外遊び。
中には冷たい水をものともせず、川に入る子もいました。
「やっぱり福島はまだまだそんな環境にないのかぁ~」と思いながら、その様子を見ていました。
のびのびと遊ぶ姿が、本来の姿ですもんね。
お母さんたちの話では、公園で遊ぶ子どもはほとんど見かけないそうです。
ステイの間だけでも、思いっきり遊んでほしいです。

参加者からお礼の手紙

参加者のお子さんからの手紙 参加者のお子さんからの手紙 参加者の皆さんからのお礼状
『ささやま里ぐらしステイ』、実質的なスタートとなる今朝、3年続けて参加するご家族もいらっしゃるので、スタッフへお礼のメッセージで始まりました。
この3年間、子ども達なりに震災や原発事故と向き合わざるを得なかったんだなと、あらためて知ることができました。
これからも、共に歩んでいきたいと思います。

ささやま里ぐらしステイ、始まりました

ささやま里ぐらしステイ スタート
始まりました『ささやま里ぐらしステイ』
今日から4泊5日、福島の皆さんを篠山に招き、ゆっくりのんびり過ごしていただかきます。
東日本大震災の福島第1原発事故による放射能の影響は今も続いています。
新聞紙面に掲載される線量は、関西と比べて数倍~10倍程度。
数日間だけでも福島を離れることで、対内に蓄積された数値は下がるそうです。
また、放射能汚染を気にせず過ごせることによるリフレッシュ効果も大きいとのこと。
避難・移住したくても、様々な理由から福島を離れることができず、福島で暮らしている皆さんが、この5日間でパワーアップしてもらえるよう、お手伝いしたいと思います。

ささやま里ぐらしステイ お迎え

ささやま里ぐらしステイ お迎え
いよいよ『ささやま里ぐらしステイ』が始まります。
東日本大震災の福島第1原発事故で放射能の影響を受けている親子に保養に来てもらうこの企画、今回で4回目となります。
今日はお迎え隊として福島入りしました。
明日朝7:00、福島の皆さんと篠山へ向かいます。

歯医者通い

歯医者通い
久しぶりに歯医者に通ってます。
隣の診療台にいた子どもと医師とのやりとりが面白かった。
痛いと泣き叫ぶ子どもに向かって
「泣くな!
泣いても治らんぞ!
痛いことなんかしてない、痛くないはずや!
お母さんも先生も君のためにやってるんや、協力して!
止めてもお母さんも先生も困らんぞ!
痛いのは君だぞ!
口で息したら治療できん!鼻で息して!」
ずっとこんな調子。
昔は「痛くないですよぉ~」とあやすように声を掛けてた気がするんですが、最近は諭す感じで接するんですね。
隣の診療台で、ちょっと笑ってしまいました。

総走行距離10,000km

夕焼けとNinja650 総走行距離10,000km
昨日の三重県ツーリング、大阪に向かう途中で総走行距離10,000kmとなりました。
乗り始めて1年4ヶ月、月平均にすると625km。
これが多いのか少ないのか、 わかりませんが、乗ると楽しいバイクっていいですね。
このバイク、取り回ししやすいし、長時間乗っても腰が痛くなったりしないし、気に入ってます。
次はどこへでかけようかな。

三重県ツーリング

三重県ツーリング 和菓子工房まっちん「わらび餅」 関宿
亀八食堂 鈴鹿の森庭園 椿大神社
仲間6人で三重県へツーリング。
「亀山にある亀八食堂がおいしかった」というメンバーのひと言から始まったこの企画。
さらには、「和菓子工房まっちんのわらび餅のとろける食感が絶品」と、たまたまラジオで知ったので、美味しいものを食べながら、三重県を楽しむことに決定。
途中、古い街並みの残る関宿、しだれ梅が咲き誇る鈴鹿の森庭園、伊勢神宮と並ぶパワースポット椿大神社(つばきおおかみやしろ)に立ち寄り、しっかり観光。
かなり充実したツーリングとなりました。
朝晩少し寒かったですが、暖かくなるこれからはツーリングシーズン。
またどこかへ出かけたいと思います。
※ 和菓子工房まっちんは、持ち帰り専門店です。今回は外のスペスをお借りして食べさせていただき、ご迷惑をおかけしてしまいました。皆さんもその点、ご理解の上、お買い求め下さい。
http://mattin.jp/