Archive for 2013年9月30日

展示会DM用写真を撮りました

11/5(火)~10(日)にステンドグラスの末友さんと、芦屋市内のギャラリーで2人展を開催します。
そのためのDMを作るため、作品を持ち寄り写真撮影してきました。
「ああでもない、こうでもない」と、構図を決めるのに結構時間かかるかなぁ~と思ってたんですが、意外なほどにあっさりと終了。
新しく製作した家具以外に、椅子も持って行ったんですが、それを使うまでもありませんでした。
展示会まで残り1ヶ月少々。
ラストスパートで走りきらねば!!

DMができあがりましたら、ブログにもアップします。
「私と出会う機会が少ない、でも案内DMはほしい」そういう方には郵送しますので、個別に住所を連絡してください。
よろしくお願いします。

車いすマラソン

全国車いすマラソン 全国車いすマラソン 全国車いすマラソン
全国車いすマラソン 全国車いすマラソン 全国車いすマラソン
篠山市内で開催される全国車いすマラソンにボランティア参加してきました。
私の担当は、6.8km地点の関門係。
と言っても、制限時間が来るまでは、走ってくるランナーの応援です。
沿道に来られた観客のみなさんから「名前呼んで応援したい!」との声が上がったので、手元にあったプログラムを渡し、少し手前に立って、やって来た選手のゼッケンを確認しては「○○番!」と観客の方に向かって叫び、プログラムで名前を確認したみなさんが「○○さん、がんばって~」と声援を送る。
そんなことをやっていました。
レース用の車いすだけではなく、一般の車いすで走るランナーも多数。
関門に最後にやってきたのは、制限時間の45秒前、66歳の女性でした。
応援されているご家族が併走しての関門通過でした。
5枚目の写真に写っている男性は、片麻痺の方。
左手で車いすを操作しながら、左足で地面を蹴って走っておられました。
なかなか素晴らしい走りでしたよ。

あとで聞いたんですが、レース用ではない一般の車いすで参加できるマラソンは、この篠山で開催される大会だけだそうです。
貴重な大会、今後も続いていってほしいものです。

北摂アースデイ

北摂アースデイ 北摂アースデイ 秋の夕景
最近各地で開かれるアースデイ。
地球環境について考える日として始まったそうだが、有機野菜などのスローフード、天然素材を使った品々、からだを癒やすヨガやリフレクソロジーなど、山のようなものに囲まれている生活を見直すきっかけを提案してくれている気がします。
篠山から比較的近い池田市で開催されていた『北摂アースデイ』、40ブースほどの出展があり、来場された方は、思い思いに楽しんでおられました。
アースデイに来場されたみなさんが、「自分の暮らしを少し変えてみようかな」と思えば、開催の意味があるのだと思います。
篠山でもそのうち・・・。

帰り道、空にはキレイな夕焼けが広がりました。
やっぱり、スローな暮らしに最適な土地ですね、篠山は。

台風によって

川の流れが変わった 川の流れが変わった
先日の台風、各地に被害をもたらしましたね。
被害に遭われたみなさんにお見舞い申し上げます。
大増水した篠山川、水位が下がってみると、かなりの土砂が流れ込み堆積して、流れが変わってしまっています。
これから台風シーズンが本格的にやってくるでしょうから、少し心配です。
大きな台風が来ませんように。
どうか、日本各地に被害をもたらすことがありませんように。

パソコン買い換えました

パソコン買い換え
ついにパソコンを買い換えました。
今まで使っていたのは、7年前に買ったWindowsXPのノートパソコン。
今回は最新のWindows8のノートパソコン。
めちゃくちゃ性能アップしてるんですが、Windows8に慣れるには少々時間がかかりそう。
あまりに操作方法が違っているので、戸惑うばかりです。
パソコンまでスマートフォンのような操作は必要ない気がするのは、私だけでしょうか・・・。

ひつだんカフェ

ひつだんカフェ ひつだんカフェ ひつだんカフェ
『筆談カフェ』に参加しました。
聴者・ろう者・難聴者と、聞こえの違いに関係なく、年齢や性別ももちろん関係なく、決められた時間内は、話すことも手話も禁止。
筆談だけで、おしゃべりします。
それぞれが小さなホワイトボードとマーカーを持ち、自ら話題をふってみたり、逆に聞かれたことに答えたり。
みんなで一つの話題についてしゃべったり、時には隣の人と1対1で話したり。
「へぇ~」と感心したり、時には笑ったり。
筆談は、思っていたよりかなり楽しいコミュニケーションだと再認識しました。

次回は10/20(日)14:00~16:00
場所は、神戸・三ノ宮のALOARO http://aloaro.net/
みなさんも筆談してみませんか?

関西保養実践交流会

関西保養実践交流会
東日本大震災の福島第1原発事故で、放射能の影響を受けている方々に、夏休みなどを利用して、放射能を気にせずに思いっきり遊んだり、汚染を気にせず美味しいものを食べてもらう保養企画。
この夏、篠山でも3回目となる『ささやま里ぐらしステイ』を実施しました。
関西各地でも、いろんな団体や個人が、このような保養を企画・実践していて、今夜は、そんな皆さんが集まっての情報交換・交流会に参加してきました。
集まったのは12団体、およそ20名。
全てではないと思いますが、あらためてたくさんの皆さんが保養に関わっているなぁ~と思いました。
中には、夏休みに30日間以上の保養を実践されている団体もあり、そのパワーに驚かされるとともに、支えるスタッフの心意気に感心するばかりです。

汚染水漏れのニュースが連日流れる今、これから何年も必要となる保養。
たくさんの方の協力がまだまだ必要です。

秋はクリ餅

あくさやのクリ餅 あくさやのクリ餅
やってきました、この季節が!
食べた人、誰もが絶賛するクリ餅の季節が!
思わず、こんなにたくさん買ってしまいました。
篠山市内にある昔ながらの和菓子屋『あくさや』のクリ餅です。
大量生産されるわけでもなく、ひっそり(?)と作られているため、近畿一円で有名ということはありませんが、篠山市内ではかなりの人気。
午前中で売り切れてしまうこともあります。
この季節、篠山へお越しの方は、まず『あくさや』でクリ餅を買ってから、観光しましょう。

デフ・テーマパークin大阪出展

デフ・テーマパークin大阪 デフ・テーマパークin大阪 デフ・テーマパークin大阪
デフ・テーマパークin大阪に出展してきました。
「デフ」とは、英語で「ろう者」のこと。
今回イベントは、、ろう者が企画するイベントで、ろう者にもいろんな技術・能力を持つ人がいることを知ってもらったり、ろう者と聴者が交流することが目的とのこと。
クラフトフェアとは違って、演劇・大道芸・バルーンアートなどのパフォーマンスがあったり、アロマ・メイクなどのぶーすもあったりで、いろんなことが楽しめるイベントでした。
スタッフの方から「普段からろう者と交流のある人は参加OK、ぜひ出展して下さい。」とお誘いいただいたので、私も出展した次第です。

出展者もお客さまも、70~80%はろう者だったでしょうか。
初めて会う人、久しぶりに会う人、様々でしたが、1日楽しく出展させていただきました。
『ろう者の世界は狭い』とよく聞くんですが、お越しいただいたお客さまも友人・知人との再会が多かったようで、他のイベントよりも1人1人の滞在時間が長いと感じました。
でも、ろう者と聴者の交流が目的の一つであることを考えると、もっとたくさんの聴者が訪れるイベントに成長していってほしいとも思いました。
春に続いて今回が2回目とのことなので、今後に期待します。

音水渓谷

音水渓谷の明神滝
昨日テレビで見かけた音水(おんずい)渓谷に行ってきました。
秋晴れで日差しもあったので、日なたにいると結構暑かったんですが、渓谷沿いはさすがに涼しい。
せせらぎの気持ちよさが、さらに涼しくしているのかもしれません。
渓谷を歩く人はまばらでしたが、中には本格的な虫取り網を持った方や、お腹まであるような長靴姿の方も。
どうやら貴重な生物の生息地らしいです。
虫取り網を持った方に尋ねると、「兵庫県では、ここにしかいないカミキリムシを探している」とのこと。
やはり希少生物の宝庫でした。
写真は、明神滝。
もっと奥まで渓谷は続いているんですが、お昼から出かけたこともあって、今日はここまで。
篠山とはまた違った雰囲気。
また、のんびりしに来てみたいです。