Archive for 2013年4月30日

ドレミベンチ 実演

座っ展2013に出展中のドレミベンチ、「本当にちゃんと音出るの?」と思っている皆さん、お待たせしました。
演奏の様子をご覧下さい。
[youtube]http://youtu.be/oxdnbeWA0jY[/youtube]

いかがでしたか?
でも、一番の目的は子どもたちに楽しんでもらうこと。
その様子も撮影させていただきました。
とても楽しそうな姿、ご覧下さい。
[youtube]http://youtu.be/Uphp4A_ZRho[/youtube]

座っ展2013

座っ展2013 座っ展2013 出展作品 ドレミベンチ 座っ展2013 出展作品 座椅子
『座っ展 -丹波でうまれた木の椅子-』、昨日から始まりました。
今日午前中は当番だったので会場へ。
村の仕事のために、搬入をお任せしてしまったので、椅子が並んでいるのを見たのは今日が初めて。
13人の作家による32脚が並んでいます。
今回出品したのは、演奏できるドレミベンチと、座椅子。
子どもたちに楽しんでもらえたらいいなぁ~と思って作ったドレミベンチ、思惑通り子どもたちに大人気。
昨日は子どもの行列ができていたと聞きました。
座椅子の方は、座布団に背もたれとひじ掛けがついているものをイメージして製作。
椅子生地は、兵庫県西脇市で生産された播州帆布を使ってます。

無人島ゴミ拾い

無人島ゴミ拾い 拾う前 無人島ゴミ拾い 拾う前 無人島ゴミ拾い実施中
無人島ゴミ拾い 拾った後 無人島ゴミ拾い 拾った後 無人島ゴミ拾い 活動中
無人島ゴミ拾い 終了 無人島ゴミ拾い ゴミアート 無人島ゴミ拾い ゴミアート
行ってきました、無人島ゴミ拾い。
きっかけは、このゴミ拾いの主催団体の一つNPO法人スマイルスタイルの田川さんが去年8月、篠山市で講演され、それを聞いたことに始まります。
詳しくはこちら
毎月平日夜に定期開催されている大阪北新地・アメリカ村・尼崎・池田のゴミ拾い。
北新地のゴミ拾いには何度か参加しているんですが、無人島ゴミ拾いは初めて。
今回が7回目というこのイベント、今年は120名ものボランティアが参加し、ご覧の通りかなりキレイに片づきました。
まだまだ細かいゴミはたくさん残っているので、拾いきれず残念です。
終了後は、大量のゴミを前に記念撮影するために、ゴミを一ヶ所に集め、 記念撮影。
拾ったボールで第7回を表す「7」を描き、カラフルなゴミを使って、魚を描いたり。
それにしても、たったこれだけの海岸で、この大量のゴミ。
まずはゴミを出さない心がけが大切だと、あらためて感じました。

NPO法人スマイルスタイル http://smilestyle.jp/

弥十郎ヶ岳 登山道整備

弥十郎ヶ岳 登山道整備 弥十郎ヶ岳 登山道整備 弥十郎ヶ岳 登山道整備
今日は村の仕事で裏山に登ってきました。
篠山市内で2番目に高いという弥十郎ヶ岳、GW明けの山開きに向けて、登山道の整備作業です。
「チェーンソーいるかなぁ~念のために持ってあがるか!」
その一言で、重いチェーンソーを1台持っていくことに。
これが大正解!
登山道をふさぐように何本も木が倒れていました。
倒木をよけ、枝を打ち払いながら、2時間ほどかけて山頂へ。
残念ながら、 弥十郎ヶ岳の山頂からの見晴らしは、それほど良くはありません。
それでも、今日は天気が良くて、気持ちよかったです。

ちょっとしたミス?

ちょっとしたミス?
作業場に入って、作業台の上を見ると、ご覧の通り。
木工ボンドのフタを閉め忘れ、しかも横倒しになっていた容器からボンドが流れ出て固まってました。
固まったボンドがフタの役割を果たしてくれて、中身がダメになることはなかったので、助かりました。

白い木工ボンドって、普通に市販されているものもあるし、みなさんも見かけたことありますよね。
でも実は、いろんな種類があります。
突き板と呼ばれる薄いシート状の木を貼るのに使われる熱圧着タイプ。
これは表面だけキレイな木目に見える市販のテーブルによく使われていて、熱を加えながらプレスして圧着します。
他には、接着する時に2液を混ぜて使うタイプ。
化学反応によって、より強い接着力が得られます。
後者のタイプは、私もテーブルのように幅が1m近い板を作るために、15~20cm程度の板を貼り合わせる際、よく使います。

最近はあまり調べたりしていませんが、接着剤もどんどん進化してるだろうなぁ~。

デフリンピック応援ライブ反省会

スタッフ誕生日サプライズ 大阪ライブ反省会
4/14に開催した『デフリンピック応援テーマソング発表ライブ』、今日はその反省会でした。
ほぼ好評のうちに終了したライブも、思い返せば「あれもできた、これもできた」と気になることもたくさん。
みんなから出された意見・感想をまとめた資料をもとに、意見交換しました。
これからの活動に活かすために。

反省会も終盤にかかった頃、室内は真っ暗に。
そして運ばれてきたのは、バースデイケーキ!
今日誕生日を迎えたスタッフへのサプライズ企画です。
2つめのケーキには「大阪ライブ大成功!お疲れさまでした」の文字も。
約2週間前のイベントだったのに、今ははるか昔の話のように感じます。

誕生日おめでとう!
スタッフのみんな、本当にお疲れさまでした。

国指定重要文化財「薬師如来坐像」

国指定重要文化財「薬師如来坐像」 国指定重要文化財「薬師如来坐像」 国指定重要文化財「薬師如来坐像」
村にある西光寺。
内部を公開しているので、お詣りしてきました。
中央に座っている薬師如来と、まわりにある4体の像のうち3体、合わせて4体は国指定の重要文化財です。
「こんな小さな村にお宝が・・・」そんな感じです。
平安時代に作られたこれらの仏像、すごく立派。
遠くからわざわざ見に来られる方もいらっしゃいます。たまにですけどね。
興味のある方は、お越し下さい。
普段は閉まっていますが、事前に連絡があれば、見ることできますので。

早すぎ!

季節先取り
スーパーで見つけました。
もうスイカ売ってるんですね。
季節を先取りするにも程がある!
ちょっとまだ食べる気にならないなぁ~。
せめて梅雨が明けないと、スイカ気分にはなれないのですが、みなさんはいかがですか?

春の来訪者

春の来訪者
今年も材料置き場にやってきました。
ほぼ毎年、同じ巣を再利用する形で、やってくるツバメ。
果たして昨年やってきたツバメの子どもなのでしょうか?
それとも、たまたま見つけた巣を拝借しているだけなのでしょうか?
そんなことを思いつつ、真下にある材料がフンで汚れないように、別の場所へ移動したり、新聞紙を敷いたりと、面倒くさいこともありますが、ひなの誕生が楽しみでもあります。
ツバメの来る家には福が訪れるそうなので、子育てが終わるまで、しっかりと見守りたいと思います。

要約筆記

4/14のデフリンピック応援テーマソング発表ライブでお世話になった要約筆記ボランティアの皆さんとお話しさせていただきました。
要約筆記、ご存じですか?
耳が聞こえない方のために、音声情報を文字に通訳する手段です。
講演会などで話される言葉を手書きしてOHPに投影したり、パソコンを使って入力された文字をスクリーンに映し出したり。
大学の講義などで、聞こえない人のためにノートを書き取るノートテイク、等々。

耳が聞こえない人のコミュニケーション手段と言えば、手話を思い浮かべる方が多いと思います。
でも実際には、手話を使えない人の方が圧倒的に多い。
例えば、ずっと聞こえる人達に囲まれて育った、大人になってから聴力を失った、そういう方々は手話を身につけていないことがあります。
そんな方のためにあるのが要約筆記です。
ただ、要約筆記そのものがまだまだ知られていない存在。
今回お願いしたボランティアのみなさんも「イベントに要約筆記をつけたいと思ってくれた、それだけでも嬉しい」とおっしゃってました。

手話を使えるろう者に囲まれていると、手話を使えない方々のことはつい忘れがち。
でも、誰もが同じように情報を得ることができる、そして楽しめる、そのためには要約筆記のことも忘れてはいけないと改めて感じました。