Archive for 2012年12月31日

大晦日

いよいよ今日は2012年の大晦日。
大掃除して、買い物に行って、今年は実家へ帰省しないため、例年より1日遅いペースで年末を過ごしています。
今年出会った全てのみなさん、お世話になった全てのみなさん、ご注文いただいた全てのお客様に感謝いたします。
どうぞ、来年もよろしくお願いいたします。

2012年もあと2日

早いもので、2012年も残り2日となりました。
今年は、障害者スポーツ指導員(初級)の資格を取り、聴覚障害者以外の障害・バレーボール以外の障害者スポーツに出会いました。
視覚障害・身体障害のみなさん、それをサポートするボランティアのみなさんと出会い、ボッチャ・ゴールボール・車いすバスケなど、知らなかったスポーツにも出会いました。
また、福島で放射能の影響を受けている親子を対象とした保養企画『ささやま里ぐらしステイ』に参加したことで、福島の皆さんが直面している現実を知りました。
原発や放射能についても興味を持ちました。

そう考えると、例年より変化のあった1年だったように思います。
みなさんは、どんな1年でしたか?

福島から友達がやってきた3

福島から友達がやってきた3
今夏、福島で放射能の影響を受けている親子を対象とした保養企画『ささやま里ぐらしステイ』に来られた別の親子も、この冬休みに関西へやってきました。
夏以来の再会ですが、お母さんもお子さんも元気そうで何より。
昨日はUSJに行かれたそうですが天気が悪くて残念だったとこと。
今日は、今回のステイにボランティアで参加している高校生も含めて4人で京都太秦の映画村に行ってきました。
天気は晴れ。
私自身、映画村に行くのは30年以上ぶり。
どんなだったかも忘れているし、例え覚えていたとしても、すっかり変わってるんだと思います。
江戸の町並みを歩いていると、武士・町人・忍者・町娘・舞妓など、着物姿のスタッフにたくさん出会えます。
それだけではなく、東映の施設ということで、仮面ライダーや5レンジャーに続く戦隊ヒーローたちにも出会えました。
お母さんもお子さんも楽しんでもらえたようで、良かった。
また会うことを約束して、バイバイしました。

みぞれまじり

みぞれまじり
今日は朝から小雨でしたが、昼頃にはみぞれまじりとなり、一面真っ白に。
寒さって、視覚からも感じますね。
天気予報によると、年末年始は寒波がやってくるとか。
どんな天気になるんだろう・・・
少しでも暖かいお正月でありますように!

墓参り

路面凍結 墓の背後には六甲山系 墓の眼下には神戸の街並み
冷え込んだ朝、自宅前の道路は凍結。
そんな中、神戸の実家に戻り、墓参りに行ってきました。
墓地は背後に六甲山系、眼科に神戸の街並みと海を望む高台にあるため、「凍結してたら上れないなぁ~」と思ってたんですが、晴れわたった青空でわかるように、凍結とはほど遠い状況でした。
やっぱり六甲山系の北側と南側では全然違いますね。
無事に墓参りを終えました。

福島から友人がやってきた2

福島の子どもたち
12/22に福島からやってきた友人親子、今日帰るということで見送りに。
その前に、とあるショッピングモールに立ち寄り、お母さん達はお買い物。
子どもたちと私はフードコートでお留守番。
マンガを読んだり、ゲームをしたりする子どもたち。
一緒に折り紙も楽しみました。
昔はいろんなものが折れたのに、鶴とか風船とかメジャーなものしか覚えてませんでした。
完成形はイメージできるのに、折り方がわかりません。

買い物を終えたお母さん達と合流し、新大阪へ。
子ども連れでの移動って大変ですね。
ちょっと目を離すと迷子になりそうだし、行き交う大人達の中に埋もれてしまいそうだし。
福島~関西の往復となると、本当に大変だと想像できます。
東日本大震災と福島第1原発事故がなければ、必要以上に移動する必要はなかったのに。
やっぱり、お母さん達がゆっくりできる時間がとても重要だと再認識しました。

腕時計のベルト作ってもらいました

腕時計のベルト(ワインレッド) 腕時計のベルト(オリーブ)
3~4年前、クラフトフェアに出展されていた手作り時計の作家さんから購入した腕時計。
傷んだベルトを買い換えようと連絡してみたんですが、連絡つかず。
この腕時計、1本のベルトを時計の裏側に通すタイプになっていて、いろんなお店やネットでも探しても、そんなベルトはほとんど販売されていません。
布ベルトはあるんですが、革ベルトは本当にない。
そこで、友人の革作家・伊藤由紀子さんに頼んで作ってもらいました。
「せっかく作ってもらうなら」ということで、ワインレッドとオリーブの2本を作ってもらいました。
ワインレッドはシボの入った茶系ワイン、オリーブはスムース革、色だけではなく、革の風合いも違います。
どちらもカッコイイ!!
T.P.O.やその日の気分に合わせて使い分けていこうと思います。
伊藤さんの革工房 遊由のホームページは、こちら

クリスマスケーキ?

クリスマスまんじゅう
「随分と平べったいクリスマスケーキだなぁ~」
いえいえ、これはなんと『クリスマスまんじゅう』、和菓子です。
あんこの入ったでっかく白いまんじゅうに、サンタやトナカイをかたどった和菓子がデコレーションされています。
なので、飲み物もワインや紅茶ではなく、日本茶でいただきました。
クリスマスは、洋菓子に押されっぱなしの和菓子かと思いましたが、こんな手に出るとは・・・。
いろいろ考えるものですね。

おいでませ山口へ

山口へ納品
朝4時出発、山口県へ納品の旅です。
旅行がてら、わざわざ篠山まで注文に来て下さったお客様のダイニングセットができあがったので、届けに行くことに。
道路の凍結もなく、9時半にはお客様宅へ到着。
ダイニングセットを納めさせていただき、使わなくなったテーブルや椅子を近くの幼稚園に寄付されるとのことで、作業をお手伝いしてきました。
すると、あっという間にランチタイム。
「一緒に食べに行きましょう!」とお誘いいただいたので、遠慮なくご馳走になりました。
周防大島の海 周防大島クリスマスコンサート
その後、周防大島へ。
周防大島から見る海は穏やかで、広がった青空とともに明るい風景は、それだけでも暖かく感じました。
目的地の会場では、クリスマスコンサートの真っ最中。
丹波から引っ越した友人が企画に携わっているこのコンサート、地元ローカルでアットホームなイベントを予想していましたが、出演者は北海道や福岡から来られていて、驚きました!
あとで尋ねると、「人のつながり」が生んだ結果だとか。
すごいですね、人のつながりって!
なぜか私も打ち上げに参加させていただいて、ほんの少しつながらせてもらいました。
こんなコンサートが、島の公民館で開かれているとは・・・驚きです!

その後、途中で仮眠を取りながら、午前3時に帰宅。
23時間の長旅は終わりました。
温暖な周防大島、暖かい季節にまた訪ねてみたいです。

福島から友人がやってきた

福島から友人がやってきた
今夏、福島で放射能の影響を受けている親子を対象とした保養企画『ささやま里ぐらしステイ』に来られた方が、また関西に来られるということで会いに行ってきました。
3泊4日、篠山で一緒に過ごしたんですが、「それだけでは終わらない、終わりたくない、終わってはいけない」
そんな気持ちで、それ以来、勝手に友人と思ってます。
ちょっと風邪気味の子どももいたけど、みんなの元気な顔に再会できたし、新しいご家族との出会いもあったし、短い時間だったけど楽しい時間を過ごせました。
福島では、最近また余震が起きているし、クリスマスのこの期間を関西で楽しんでもらえればと思ってます。
また、会いましょう(^_^)/

夏の里ぐらしステイの様子は、8/68/78/88/9のブログをご覧下さい。