高齢者大学で減災講義

高齢者大学で減災講義 高齢者大学で減災講義 高齢者大学で減災講義
高齢者大学で減災講義 高齢者大学で減災講義 高齢者大学で減災講義
高齢者大学で減災講義 高齢者大学で減災講義
みんなで減災し隊!、今日の活動は篠山市高齢者大学での1コマ。
小学生との交流授業で「楽しく学んでやってみよう!身近な防災・減災」と題して80分。
3択問題やみんなでアイディアを出し合う問題など計9問を出題し、赤・青・緑・黄・ピンク・オレンジの6チームに分かれて、チームで話し合って答を出してもらいます。
小学生のリーダーを中心に、子どもならではのアイディアが出たり、高齢者の経験に基づく意見が出たりと、各チーム積極的な話し合いが進みます。
答を発表する手もどんどん挙がります!
また、各チームにはチーム色のバンダナを配り、その使い道を考えたあとは身につけてもらい、チームの結束力をアップ!
正解したチームはビンゴカードに〇を付けていきました。
ビンゴが完成しても、賞品はなかったんですけどね。
災害伝言ダイヤルを活用する家族を演じた寸劇も、練習不足をメンバーのアドリブ対応能力で無事乗り切り、子どもたちに笑いを届けることもできました。
自治会などでの防災訓練だと、全員に真剣に取り組んでもらうことが難しい時もありますが、学校という場での講義は子どもたちもよそ見することはできないし、高齢者のみなさんも一緒に楽しんでくれる。
高齢者と小学生という組み合わせでの防災・減災活動はアリだなと思いました。

ちなみに出題したのは以下の9問。
1.過去200年間、日本で一度も地震のなかった年は何年あるでしょう?
2.バンダナの使い道を考えてみよう。
3.ラップ・新聞紙・スーパーの袋の使い道を考えてみよう。
4.お風呂の残り湯の活用法を考えてみよう。
5.キャンプ用品で、災害時に役に立つものを考えてみよう。
6.普段のあいさつが災害時に役に立つのはどうして?
7.災害時に家族と連絡を取る方法を考えてみよう。
8.この小学校の体育館は、避難所になった時、何人収容できるかな?
9.原子力災害の時に飲む安定ヨウ素剤の効力は何時間?

今までも市民センターまつりへ出展したり、兵庫県主催の防災訓練に参加したりしてきましたが、準備は手伝えても当日は参加できないメンバーが何人もいました。
でも今回はフルメンバー、防災士3人と子育て中のママ3人でチャレンジした初の講義。
「子どもたちを守りたい!」そんな思いのママたちが、2人は赤ちゃんを抱っこしながら伝える活動をしているのは、減災し隊!の強みです。
貴重な場を与えてくださった市職員の方、受け入れてくださった小学校のみなさん、ありがとうございました。

コメントを残す