めざせ!防災マスター

めざせ!防災マスター めざせ!防災マスター めざせ!防災マスター
めざせ!防災マスター めざせ!防災マスター めざせ!防災マスター
今日は、丹波市豪雨災害のボランティアで知りあった大学生(当時は高校生)が企画する『いざカエルキャラバン!~めざせ!防災ますたー~』のお手伝いに行ってきました。
とある自治会が主催するイベントの1つとして行われたこの企画、いざカエルキャラバン!を子どもたちが楽しめるように、大学生たちがさらに手を加えたもの。
私たちの担当は、地震に関するクイズを出題し、その答を釣り上げてもらう魚釣りゲーム。
正解は複数あるし、「これはどうかナ・・・?」と思うようなものでも、子どもたちにその理由を尋ねてみると、ちゃんと正解だったりするものもあります。
子どもたち、予想以上に防災知識をしっかり身につけていることがわかりました。
私たちのブース以外も大盛況!
いざカエルキャラバン!のパワーはやっぱりスゴイ。

そしてスゴイと思ったことがもう一つ。
それは、この自治会の防災意識の高さ。
会場となった小学校には、「防災倉庫」と書かれたコンテナが2つ。
そのことを一緒にブースを担当した地元の方に尋ねてみると、阪神淡路大震災のあと、「私たちも備えなきゃ!」と備蓄をしたり、防災士になるための数万円の研修費用を自治会が負担したそうです。
そして、大学生たちの「めざせ!防災マスター」で、子どもたちにも啓発。
こんな自治会、他にもあるんでしょうか!
見習わないといけないですね。

コメントを残す