障害者防災リーダー講座

障害者防災リーダー講座 障害者防災リーダー講座
障害者防災リーダー講座を受講してきました。
会場となった堺市にあるビッグアイは国際障害者交流センターで、今までも要援護者の防災に関する講座がたまに開かれていました。
ただ、参加したことはなく、気づいた時には申込〆切が過ぎてしまってばかりでした。
ということで、初受講。
この障害者防災リーダー講座は、東日本大震災や熊本地震の際、被災地障害者センターを立ち上げてきた認定NPO法人ゆめ風基金の主催。
障害者防災リーダー講座そのものは、今回が初の試みで、今後回を重ねてブラッシュアップしていきたいとおっしゃっていました。
会場に入ってまず驚いたのは、参加者に占める障害者の割合の高さ。
80名前後の参加者のうち、20名程度は障害を持った当事者の方。
少なくとも、四肢障害、知的障害、視覚障害の方がいらっしゃいました。
防災や災害時の対応について考える時、健常者だけで議論してしまうことが多いと思いますが、当然のことながら障害者も等しく被災しますよね。
いや、障害のある分、より不自由さを感じると思われます。
そんなみなさんのことは、当事者の方と一緒になって考えていかないと、うまくいくはずがありません。
実際に被災地障害者センターに寄せられた被災者からの依頼や要望についても具体的にお話しいただき、与えられた資金・人員・時間でどのように対処していくのか、とても難しいと感じました。

昨年4月、障害者差別解消法が施行され、過度な負担が生じない限り、合理的配慮がなされることとされました。
例えば、障害のある方が避難所に来られると、健常者に比べてより多くの配慮が必要となります。
これは、障害者を優遇しているのではなく、健常者と同じ情報が得られたり、快適な生活が送れるよう、同じスタートラインに立つための合理的配慮なのです。
そこを間違って、えこひいき等と捉えてはいけません。
自治体では、福祉避難所を設けていますが、講師の話によれば、その大半は開設されずに終わるのだそう。
1次避難所となる小学校などで、合理的配慮がなされ、誰もが快適に過ごせるようにすることが大切のこと。
そのためにも、当事者のみなさんと一緒に考える時間が持てたことは、とても良かったと思います。

パソコンが!

パソコンが! パソコンが!
パソコンが起動しない!
ブルー画面になり、リカバリーが必要と言ってくる。
取説を探し出し調べてみると、データは救出できるらしい。
ということで、データ救出中。
その後は初期化するしかないでしょうね、きっと。
久しぶりのパソコントラブルに見舞われています。

イザ!カエルキャンプ!

イザ!カエルキャンプ! イザ!カエルキャンプ! イザ!カエルキャンプ!
神戸にあるみなとのもり公園で行われたイザ!カエルキャンプ!にサポートスタッフとして参加してきました。
2週間前にイザ!カエルキャラバン!合同説明会に参加。
かえっこバザールというおもちゃの交換会を併設することで、子どもたちのを集めていることを知りましたが、今日はその実践です。
担当はロープワークのブース。
来られたお子さんや保護者のみなさんに、本結びと巻つる結びを教えて、ゲームにチャレンジしてもらいます。
まずは2つの結び方をマスターできれば、かえっこバザールで使えるポイントをプレゼント。
子どもたちは、ポイントを使って、ほしいおもちゃと交換します。
さらに、覚えたロープワークを使ってゲームにチャレンジ。
本結びで2本のロープをつなげ、一方の端をバケツの持ち手に巻つる結びして、40秒以内にバケツを引っ張り上げることができればクリア。
クリア記念の缶バッチをプレゼントします。
いくつかのブースでは、それぞれに缶バッチが用意されていて、子どもたちの収集心をくすぐります。

お手伝いだけでなく、子どもたちが楽しく防災・減災を身につけるため、どんな工夫がされているか、いろんなブースを見て回りたかったんですが、次から次への子どもたちがやってきて、その余裕はありませんでした。
それでも「楽しくないと人は集まらない」を体感できたことは、次につながるヒントをもらった気がします。
主催者のみなさん、サポートスタッフのみなさん、お疲れさまでした。

兵庫県広域防災センター

兵庫県広域防災センター 兵庫県広域防災センター
兵庫県広域防災センターへ行ってきました。
Eディフェンスなどの実験施設もある兵庫県の防災拠点であり、大災害時には自衛隊などの活動拠点となる施設です。
平時には、予約して様々な体験をすることができます。
今回は、起震車による地震体験、水蒸気の充満した真っ暗な部屋で避難する煙体験、消火栓を使った放水体験をしてきました。
一度経験しておく=学んでおくことは大切だなと再確認しました。
みなさんも学びに行ってみませんか?
https://www.fire-ac-hyogo.jp/

今日は村用

今日は村用 今日は村用
今日は朝から村用。
年に2回行われるクリーン作戦です。
幹線道路に面している集落では、ポイ捨てゴミの回収がメインですが、そこは奥まった我が集落、草刈り作業となります。
ここは農業用ため池の堤防、半年たてばエライことになってます。
足元の悪い斜面で草刈り機を使うのは神経使いますが、無事にみんなケガもなく終わりました。
そして夜は、さなぶり。
昔から行われていて、田植えなどが終わったことを祝う会のようです。
まぁ一種の懇親会ですね。
こんな村の行事が、年間通じていろいろとあります。

市役所をあちこちと

市役所をあちこちと
今日はなぜだか市関係を回ることに。
まずは市民安全課。
集落の住民学習のネタの一つに「防災マップづくり」があるらしく、そのファシリテーターを防災士のみなさんにお願いできないかという相談。
「防災マップづくり」というネタがあるのを知らなかったということは、私の集落のマップは作られてないということ・・・。
それはさておき、私が『みんなで減災し隊!』をやっていると知った担当の方が声を掛けて下さったのだが、メンバー内に篠山市内の防災士は私1人。
知ってる市内の防災士に相談してみて、どう対応するかは考えていこう。
続いては、市民協働課。
『みんなで減災し隊!』で申請した助成金の審査会でした。
審査員10名ほどの前で、活動内容を10分ほどで説明し、質疑応答を受けました。
全体で25分くらいだったと思います。
審査結果は1週間後、さてどうなるやら。
そして夜は、市民衛生課。
こちらは市の衛生委員(いわゆる美化委員)の総会と学習会。
新年度になったということで、前年度の事業報告&決算、新年度の事業計画&予算について説明がありました。
学習会の内容は、ゴミの分別について。
プラスチック包装ゴミと缶・ビンなどのゴミは、リサイクルされる資源ゴミ。
プラスチック包装ゴミとして昨年収集した量は250t。
でもリサイクルできたのは、およそ半分の127t。
プラマークの付いていないプラスチック製品が混じっていたり、汚れが落ちてないものが混じっていたり。
リサイクルできないだけでなく、手作業で分別する人件費もかかっている。
どうしても汚れの落ちないものは、燃えるゴミとして出してほしいとのことでした。
もう一つの注意事項は、缶ゴミについて。
スプレー缶やカセットボンベも缶ゴミとして出せるが、必ず使い切ってから出すこと。
最後に穴を開けてガス抜きしてほしい。
もしガスが残ったままだと、作業員の方の事故につながることもあり得るので要注意です。
缶ゴミを出す際、袋にたくさん詰めようと、缶をつぶしたりしますよね。
軽くつぶすくらいはOKだそうですが、縦に踏みつぶしたような缶は自動選別器で選別できず、リサイクルできないそうです。
自動選別器の動画、こちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=fZzU97ZNPIQ
こちらも要注意です。

防犯防災総合展

防犯防災総合展 防犯防災総合展
防犯防災総合展へ行ってきました。
あまり時間がなかったんですが、会場をグルッと一周。
目新しい防災グッズや非常食もあり、改めて災害に備えることの大切さを感じる機会に。
あとは、これをどうやって多くの人に伝えていくか・・・。
それが今後の課題です。

ザ・ビッグ総力祭の出展

ザ・ビッグ総力祭の出展 ザ・ビッグ総力祭の出展 ザ・ビッグ総力祭の出展
ザ・ビッグ総力祭の出展2日間、無事終わりました。
最終日でもある2日目は、なぜか子どもたちに大人気!
それにつられる形でお父さん・お母さんも救命の説明を聞いてくださいました。
毎月定例でやってる時は足を止めていただくのが難しいんですが、今日は本当にたくさんの方に体験していただきました。
ありがとうございました。
みんなで減災し隊!を活動を紹介するパネル展示も真剣に見てくださる方もいらして、次回の案内チラシもたくさん配ることができました。
次回は6/28(水)10~12時「もし旅先や出かけ先で災害にあったら」です。
1人でも多くの方に参加していただけますように。

イザ!カエルキャラバン!合同研修会

イザ!カエルキャラバン!合同研修会 イザ!カエルキャラバン!合同研修会 イザ!カエルキャラバン!合同研修会
イザ!カエルキャラバン!合同研修会に参加しました。
イザ!カエルキャラバン!は、子どもとファミリー向けの防災訓練で、それぞれのプログラムも楽しめるように工夫されている。
しかし最大の特徴は、子どもたちが自ら一所懸命やりたい気持ちになる仕組みを取り入れていること。
「防災・減災のことを伝えたい」ではなく、「子どもたちがどうやったらやる気になるか、どうしたら楽しんでくれるかを先ず考え、結果として防災・減災の体験ができたり、知識が身につく。」という手法。
子どもだけでなく、大人だって防災・減災に関心をもってもらったり、実際に備えてもらうことは難しい。
ついつい「伝えたい」「知ってほしい」という気持ちが先に立ってしまい、関心の高い人にしか伝わらないことも多いと思う。
関心のあまりない人にも伝えるためには、その人がやりたいと思えるような仕組みが必要なんだなと再確認しました。
これ、もちろん防災・減災のことだけじゃないですよね。
自分の思いより、相手が「知りたい」「やりたい」と思う仕組みづくり。
これから気をつけたいと思います。

日本語教室

日本語教室
友人に誘われて、日本語教室を見学に行ってきました。
篠山に働きに来られている外国人の方に、ボランティアで教えています。
「教える側の人数が足りない」ということで声がかかったんですが、もちろんやったこともないし、「とりあえず見学に行きます」と返事をした次第です。
今夜は、教える側3名、学ぶ側4名、そして見学者1名。
それぞれの理解度や進み具合に合わせて、マンツーマンで教えていました。
外国人の方が日本語を学ぶためのテキストを見せていただきましたが、「日本語って難しいなぁ~」と感じました。
ご一緒したのは、ベトナム人の方の勉強。
「~というもの」「~という人」「~ということ」「~というのは」といった言い回しを学びました。
「夏というものは、暑くて当然だ。」
「先ほど、田中さんという人から電話がありました。」
「年中無休ということは、1日も休みがない。」
「各停というのは、各駅に停車する電車のことです。」
「あの女優さん、美人というよりもかわいらしい。」
どの言い回しも何気なく使っていますが、これを外国の方に教えるとなると、かなり大変ですよね。
日本語、ホンマに難しい。