熊本学園大学、激動の45日

熊本学園大学、激動の45日 熊本学園大学、激動の45日
熊本地震の際、高齢者も障害者も分け隔てなく受け入れて避難所運営した熊本学園大学の活動展示と、運営にあたった教職員の講演があったので、大阪に行ってきました。

東日本大震災で、障害者の行き場がなかったことがわかってたのに、熊本地震でも、ほとんどの避難所は障害者の受け入れしてなかったそうです。
二次避難所てある福祉避難所もほとんど機能せず。
そんな中、指定避難所ではない熊本学園大学がどんなふうに運営してきたかの話は、ある意味目から鱗でした。
ルールは作らない、名簿も作らない。
『管理はせず、配慮する!』
出入りも自由、ペットの規制もなし、飲酒規制もなし。
厳密な役割分担をせず、その時いる者で対応する。
発災時、熊本市の避難所運営マニュアルは90ページもあり、約30ページは様々な様式。
それを守って運営するなんて、とてもできない。
ルールを守るためのエネルギーと時間を目の前のやるべき作業に使うことが大切。
これ「熊本学園大学モデル」って言われてるそうです。
「障害者だから、要援護者だから、福祉避難所に」ではなく、平時には同じように同じ町で暮らしていたのだから、一般の避難所で一緒に過ごせるように配慮する。
言われてみれば、その通り。
講演された方に伺ったところ、45日という短期間だったから、こういう方法で避難所運営ができたが、長期化するケースではもっと個々のプライベート空間を作っていく必要があると思うとのことでした。
いずれにしても、普段から障害者や要援護者と見えるつきあいができていれば、よりスムーズなんだろうなと感じました。私は、避難所で暮らしたこともなければ、避難所運営に携わったこともありません。
運営に携わっている方、携わったことのある方からすれば、「熊本学園大学のようには上手くいかない」というご意見もあるのかもしれません。
ただ、「避難したい」と思った方が、避難所に受け入れられず、余震続く中で自宅に戻らざるを得なかったり、車中泊を洗濯せざるを得ないというのは、何か違うと感じました。
『管理はせず、配慮する!』
大切なことだと思います。大阪人権博物館(リバティおおさか)での展示は8/26(土)まで。
10/3(火)~11/19(日)は、奈良の水平社博物館で展示されます。
そして10/21(土)には、今日と同じく避難所運営されてきた教職員の方から展示解説とレクチャーが行われる予定です。
興味のある方はぜひ。

減災のお話し打合せ

知人を通じて、とある障害者施設の防災訓練の1つとして、防災・減災の話をさせていだだくことが決まった。
今日はその打合せ。
生活介護、就労支援、ショートステイなど、複数のサービスを提供している施設で、利用される方の年齢も幅広い。
篠山市でどんな災害が想定されているかという基本の基から、今すぐできる減災対策、どんなものを施設に備蓄しておけば良いか、特別な対応が必要となる利用者への個別準備、災害が起きた時にどうしたら良いかなど、まずは広く知ってもらうことから始められたらと思ってます。
ただただ話を聞いてるのはつまらないと思うので、グループに分かれて話し合うような時間も設けられたらいいかな。

最近、仲間とやっている『みんなで減災し隊!』にも、防災訓練のお手伝いだったり、お話しする機会をいただいたり。
「本業は何だっけ?」と思う今日この頃・・・。

原発賠償ひょうご訴訟

原発賠償ひょうご訴訟 原発賠償ひょうご訴訟 原発賠償ひょうご訴訟
原発賠償ひょうご訴訟の傍聴へ行ってきました。
福島第1原発事故により兵庫県に避難されたみなさんが、避難の権利を認めてほしいと訴えている裁判です。
まずは神戸駅前で街宣活動。
「神戸駅を利用されるみなさんに少しでも知ってもらいたい」
そんな思いで、原告の方・弁護士・支援者が拡声器で訴えつつ、チラシを配りました。
開廷前には、横断幕を掲げた原告団が地裁に入場するのを見守りました。
裁判自体は、原告個別の本人尋問がまだ始まってないこともあり、今回も15分ほどで閉廷。
その後、場所を変えて報告集会が行われました。
夏休み期間中ということもあって、お子さんの原告の姿もチラホラ。
そんな中、あるお子さんがあいさつされました。
ーーー
先日、福島のおじいちゃん・おばあちゃんの家に帰ってきました。
おじいちゃんは家庭菜園で野菜や果物を作っています。
おじいちゃんが育てたブルーベリーを「食べるか?」と勧められましたが、私は食べませんでした。
母から放射能のことを聞いていて、「食べない方がいい」と思ったからです。
でも、「おじいちゃんに悪いなぁ~」という気持ちになりました。
友達とも会いました。
でも誰も放射能の話はしません。
最近、若者向けのお店がたくさんできていて、友達は喜んでいましたが、私は素直に喜べませんでした。
「進学の時には戻ってくるんでしょ?」って聞かれましたが、私はまだ戻りません。
友達とうわべだけの関係になってしまったことが残念です。
ーーー
原発事故がなければ、そのまま福島に住み、おじいちゃんが育てた野菜や果物を家族揃っておいしく食べていたでしょう。
友達とも、一緒に部活を楽しんだり、恋愛話をしていたに違いありません。
子どもたちのそんな時間を奪うことは決してあってはならないと思います。
一方で、様々な事情から住み続ける、あるいは一旦避難したが福島に戻るという選択をした方たちもいます。
どういう選択をしたかに関わらず、正しい情報が提供され、必要な支援がなされることを切に願います。

波々伯部神社 本宮

波々伯部神社 本宮 波々伯部神社 本宮
波々伯部神社の本宮。
熱中症注意情報が出される猛暑の中、例年通り進められています。
私の集落の山車は舟形。
その一部、障子は引っ越してきた当初に私が製作したものです。
16年目の祭りも無事に終えられそうです。

波々伯部神社 宵宮

波々伯部神社 宵宮 波々伯部神社 宵宮 波々伯部神社 宵宮
今夜は、波々伯部神社の宵宮。
私の集落も山車を繰り出しました。

既存TVボードの扉製作

既存TVボードの扉製作 既存TVボードの扉製作
製作した扉の納品へ行ってきました。
既製品のオーディオボード、レコーダーやアンプの目隠しになるようにとご注文いただきました。
いざ取り付けてみると、多少の現場合わせが必要でしたが、お客様にとても喜んでいただけました。
ありがとうございました。

『福島へ梅干しを送ろう!』プロジェクト from たんば

『福島へ梅干しを送ろう!』プロジェクト from たんば
今年も参加しています『福島へ梅干しを送ろう!』プロジェクト from たんばささやま。
ようやく干せました!!
http://umefuku.exblog.jp

地域防災訓練の打合せ

11月に行われる地域防災訓練の打合せに参加してきました。
まちづくり協議会の安心安全部会(主に消防団)が中心となって企画して10年行われているんですが、「今回からは防災士にも参加してもらおう」と声をかけていただきました。
参加者がどうしても年配の方や各集落で役員をしている方に偏っていた防災訓練。
「今年はぜひとも子育て世代の若い人や子どもたちに参加してもらいたい」ということだったので、イザ!カエルキャラバン!の話をさせていただいたり、資料を見ていただいたりしました。
イザ!カエルキャラバン!は、子どもたちが何度もチャレンジしたくなる仕組みと、1つ1つの訓練メニューもゲームのように子どもたちが楽しめるようになっている防災訓練。
打合せに参加されていた面々も興味津々で、子どもたちに「来年もまた来たい!!」と言ってもらえるような楽しい防災訓練を目指そうという話でまとまりました。
一気にそこまで変えることができるかどうかはわかりませんが、楽しみながら学べる防災訓練目指します!

東峰村災害支援2日目

東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目
東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目
東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目
東峰村災害支援2日目 東峰村災害支援2日目 
東峰村での支援活動2日目。
朝、時間があったので、先日まで通行止めになっていた国道211号線を南下してきました。
国道沿いの斜面はあちこちで崩れ、氾濫した河川の護岸も崩れ、国道も片側通行になっている所が何ヶ所もあります。
川沿いの農地にもたくさんの土砂が流れ込み、発災から1ヶ月近くたってもまだまだこれからという感じを受けました。
今日聞いた話では、重機でないと取り除けないほどの土砂が流れ込んでいるお宅もまだあるらしく、長期にわたる支援が必要です。

一方で、床下泥出し作業をさせていただいたお宅の家主さんとお話しすると、「仕事を何日も休むわけにいかないし、ボランティアをお願いしてもこんなに早く終わるとは思ってなかった。おかげでお盆に向けてやらなきゃならないことができます。ありがたい。」とおっしゃっていました。
一歩ずつ進んでいることも事実です。
「毎日暑いですし、あまり無理せず、ぼちぼちやってくださいね。」と挨拶して、活動を終えました。

一緒に活動したメンバーの中には、一昨年の北関東・東北豪雨災害で鬼怒川が決壊した常総市の市役所職員の方がいらっしゃいました。
明日は役場を訪ね、被災した時の状況やどんな支援を受けたか、どう動いたかなど、被災自治体だからこそわかる大変さ・復旧復興に向けた道筋・必ず復旧できることなどを伝えるそうです。
被災して、なかなか先が見通せない状況にある自治体にとって、他自治体の前例を聞くことは、きっと「自分たちにもできる」と勇気を与えるでしょうね。

レスキューミーツ×イザ!カエルキャラバン!

レスキューミーツ×イザ!カエルキャラバン! レスキューミーツ×イザ!カエルキャラバン! レスキューミーツ×イザ!カエルキャラバン!
「レスキューミーツ×イザ!カエルキャラバン!」へ行ってきました。
消防署員のみなさんが、日頃の訓練成果を披露する救助技術の競技会。
屈強な肉体の選手と応援団を横目に、一緒に来られた家族の方が楽しんでいたカエルキャラバン。
今回の目的は後者です。
神戸で先月お手伝いした時は、担当のロープワークにはどんどん子どもたちがやってきて、他のブースを見に行く余裕なんて無し。
今回はゆっくりと各ブースを見て回り、しっかり学ぶのが目的です。
今回のイベントで各ブースを担当しているのは、兵庫県消防学校の生徒さん。
子どもたち相手に、体験する内容やゲームの内容を説明し、進めていきます。
どのブースに参加する子どもたちも、とても楽しそうに笑顔でチャレンジしていました。
「どんなに役に立つものも、為になることも、こちらの思いだけで伝えることは難しい。楽しくなければ、参加者自らやってはくれない。」
そんなことを再確認できたカエルキャラバンでした。
こんなこと、篠山でもやりたいな!